News ニュース

舞台「〇〇な人の末路」DVDが完全受注生産で12月10日に発売!2020/10/08

 Kis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人が初めて主演を務めた舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」のDVDが、12月10日に完全受注生産商品として特設サイトで限定販売されることが決定した。DVD購入の申し込みは、10月8~22日午後11:59まで。

 4人が、サラリーマン(横尾)、クリーニング店の店長(宮田)、デザイナー(二階堂)、劇団員(千賀)に扮(ふん)し、それぞれの人生における選択と、最終的にその人生がのどのような末路を迎えるのかにスポットを当てたドラマ「〇〇な人の末路」(18年/日本テレビ)。今回は、そのドラマの設定を大きく変更し、舞台版としてある兄弟が直面する“選択”と“末路”を描いていく。

 舞台版では、4人を「月Side」(横尾、千賀)と「海Side」(宮田、二階堂)の2組に分け、「月Side」には高橋ひとみ、「海Side」には坂田聡(ジョビジョバ)も出演。舞台の前半では一つの同じストーリーを2組が演じ、後半では「月Side」と「海Side」が別の話に枝分かれし、それぞれが異なるエンディングを迎える。「月Side」と「海Side」、それぞれの“選択”によって分かれる運命――。兄弟を巡る人間模様といろいろな思いが混ざり合って、行きつく異なる“末路”とは…?

 別々の“末路”を持つ「月Side」と「海Side」、2本の舞台を余すことなく2枚のDVDに1本ずつ完全収録。さらに、特典映像としてステージに集まったキャストが繰り広げる「みんなで〇〇な人の末路トーク !」も届ける。

【作品情報】

「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」
12月10日発売 
DVD 8,250円+送料全国一律・650円(2枚組/舞台本編+特典映像) 

 ある地方都市に住む、笑原敏幸(横尾渉「月Side」/宮田俊哉「海Side」)と、陽左志(千賀健永「月Side」/二階堂高嗣「海Side」)の兄弟。15年前、カメラマンをしながら写真館を営んでいた父・健太(坂田聡)と母が離婚し、その5年後には母を交通事故で亡くして以降、彼らは2人きりで生きてきた。父と同じようにプロのカメラマンを夢見る敏幸を、家賃収入とアルバイトで懸命に支える陽左志。傍からはとても仲よく見える2人だが、実はある過去に陽左志は苦しんでいた。そんな弟の苦悩は知らず、敏幸はプロのカメラマンへのステップを踏むべく、フォトコンテストへの出品を決心。早速、コンテストに出す写真のモデルに応募してきた亜衣良と、彼女の母・彩音(高橋ひとみ)に会う約束をした敏幸らは、面接場所に向かう直前、父の姿を見つける。離婚して家を出ていった父に会うか、モデルの面接に行くか…。人生が大きく変わるかもしれない岐路に立った2人が、決めた先は?

発売元:株式会社ジェイ・ストーム

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.