News ニュース

BOYS AND MEN 研究生が“BMK”に改名! 1月に「モンスターフライト」でメジャーデビュー2020/10/05

 10月1日、BOYS AND MEN研究生がBMK(Big Monster Kite)に改名し、2021年1月13日にビクターエンタテインメントからリリースされるシングル「モンスターフライト」でメジャーデビューすることが発表された。

 メンバー5人は、会見のステージへメンバーカラーの自転車に乗って登場。その自転車で行った、1カ月間で名古屋市内にある700を超えるすべての神社を参拝する企画「開運祈願!究極の神頼みツアー」を無事終えられたことを報告した。この祈願めぐりは“世の中を取り巻く不安の1日も早い終息、そして皆さまの安全を願い、デビューに向けて参拝するもの”で、米谷恭輔は「一番遠い神社は、自転車で片道25kmを2時間かけて走った」と明かした。

 そして、BOYS AND MEN研究生(略称・BMK)からBMK(Big Monster Kite)への改名を「同じBMKでも中身が変わった。これは“Big Monster Kite”の略で、Kiteは凧(たこ)という意味。凧のようにどんな逆風にも負けず上昇していき、逆境に負けない “怪物級のグループ”になってやるぞ!という思いが込められているんです」とメンバーが説明すれば、会見の司会を務めたBOYS AND MEN・水野勝は「困難があればあるほど燃え上がってほしい」とエールを送った。

 さらに、メジャーデビュー決定に関して、米谷は「もともと夏頃に発表する予定だったので、ファンの皆さんをお待たせした分、一気に皆さんに元気を届けていけるように、マジで“怪物級”の“逆風”に負けない大きなグループになっていきたい」と決意表明。松岡拳紀介は「どんな困難にも負けずに乗り越えていくぞ!という、僕たちの強い意志を歌った超ド根性ソングです!」と、いつも以上にエネルギッシュに語った。

 最後は、手書きの凧を使い今後の抱負を発表。三隅一輝は「夢や挑戦を諦めてしまう人が多い状況だからこそ、僕たちがどこまでも高く跳んでいくことで夢や勇気を与えたい」と“飛翔”の文字を。中原聡太は「グループのコンセプト通り、逆風さえも乗りこなして、5人で力を合わせてどんな高い壁でも乗り越えたい」と“逆風を制す!”と掲げた。

 佐藤匠は“多幸感振りまくグループへ!”と挙げ、「自粛期間中に一番必要なのはポジティブになれる多幸感。僕たちはKite=凧がコンセプトなので、そんなイメージを振りまけるような、世界一の多幸感を振りまけるグループを目指します!」と高らかに宣言してみせた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.