News ニュース

新・大食い女王の称号を手にするのは? 現役東大生ら大食い自慢13人が集結!2020/10/01

 30年以上の歴史を持つテレビ東京の“大食い番組”が今年も帰ってくる。番組初参加もしくは本戦出場経験が1回のみの女性に限定した、新人だけで競う「大食い女王決定戦 2020 爆食スター誕生!新人戦」を10月2日(午後6:59)に放送する。総合MCは高橋みなみ、解説はジャイアント白田が務め、ゲストに伊集院光、パンサー、カミナリ、スピードワゴン・井戸田潤、チョコレートプラネットを迎える。

 東京と大阪予選を勝ち抜いた各2人と、番組推薦選手9人の計13人で争われる今回の新人戦。まずは実力や実績を考慮し、出場者13人を「肉・米・パン」の三つのグループに振り分けてグループリーグ戦を実施。制限時間45分内でより多く食べた上位2人が準々決勝へと進出する。さらに各グループ3位の中で、一番多く食べた1人も敗者復活で準々決勝に進むことができる。

 準々決勝は制限時間60分で、北海道産ニンジンをより多く食べた上位5人が準決勝へ進出。準決勝は制限時間60分で、1本2kgの巨大BBQ串をより多く食べた上位3人が決勝へ進出。そして決勝の60分蒙古タンメン勝負で雌雄を決する。

 MCの高橋は「選手たちが1試合1試合、1分1秒と成長していく姿は見ていて気持ちよかったですし、これからの大食い界の未来が“どれだけ明るいか”ということを、見ている皆さんにも感じてもらえる内容になっていると思います」と本大会についてコメント。

 また、解説のジャイアント白田が「3日間のそれぞれの戦いを通して、新人の子たちの伸び方や成長、今回はそういうのをすごく感じました」と語るように、本大会出場により才能が開花する選手が続出。白田をして「魔女菅原の再来」と言わしめた爆食新人とは? そして、大食い新女王の称号と優勝賞金100万円を獲得するのは果たして!?

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.