News ニュース

BiSH×NHK福岡の音楽特番 「オンライン公開収録」リポート&インタビュー!2020/10/01

 BiSHの登場を心待ちにするファンの前にまず登場したのは、「六本松サテライト」でおなじみの松隈と栗田善太郎。2人からは「録音・録画、配信画面のスクリーンショットは禁止」「会員制交流サイト(SNS)へのネタバレとなる書き込みはNG」「『#六本松ベース』をつけて番組の感想をつぶやくのはOK」といった収録上の留意点が伝えられた。

 「ライブの一体感」を演出するため、参加者には事前に番組ロゴのフェースシールや、画面に映すためのメッセージカードを配布。スクリーンからは、そのシールを身に付けて部屋で1人見ている人や、家族ぐるみで参加する人、ペットと共にライブを楽しむ人など、いろいろな状況が垣間見える。

 そしていよいよ本編へ。暗転し、曲の始まりとともにBiSHが登場すると、思わず感極まるファンも。振り付けを一緒に踊ったり、歌を口ずさむ人の姿もうかがえた。数曲披露したのち、映し出されたファンの顔を見たBiSHのメンバーは、「ハシヤスメみたいな(眼鏡の)人いる!」「リンリンの人形を作って見せてくれている人がいる!」「小さい子が踊ってる、かわいい!」など、久しぶりのファンとの交流を楽しんでいた。

 収録の中盤は、オンラインでつながるファンと会話するコーナー。事前に寄せられた悩みやメッセージにメンバーが答えていく。BiSHに関する質問から恋愛の悩み、コロナ禍ならではの悩みまで、さまざまな悩みにBiSHが丁寧に答えていく。

 また、ステージ上ではファンに聞いた「BiSHの好きな曲ランキング」も発表。歌唱する本人やサウンドプロデューサーである松隈の予想は当たるのか? 結果を受けたメンバーの感想にも注目だ。

 最後は、彼女たちの今の思いを乗せた曲「LETTERS」を披露。スクリーン上のファンは、メッセージカードを画面越しに映してメンバーへの気持ちを伝えた。曲が終わり余韻の残る中、たくさんのメッセージを見たチッチは「お客さんと一緒にライブをできて幸せです。たくさんの愛を感じています」と声を詰まらせていた。

 全編の収録が終わった後は、参加者に向け特別に「ある曲」をパフォーマンス。メンバーも「まさかこの曲をNHKさんで歌えるとは」と驚き、思いがけないサプライズにファンも喜んでいた。

 アーティストとファンが同じ時間を共有し、従来のライブと変わりない熱気に包まれた「六本松ベース」。番組は、NHK総合テレビ九州・沖縄ブロックにて10月9日(午後10:45)の放送予定となっている。

固定ページ: 1 2


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.