News ニュース

「相棒season19」10月14日にスタート! 初回SPに石丸幹二が登場2020/09/23

 2000年にテレビ朝日系の土曜ワイド劇場で放送を開始した「相棒」。ドラマ誕生20周年という大きな節目の幕開けとなる「相棒 season19」(水曜午後9:00)初回拡大スペシャルの放送が、10月14日に決定した。タイトルは「プレゼンス」。現実世界とVR(仮想現実)の世界がクロスオーバーしながら、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事件の真相究明に立ち向かっていく。

 ある事情から、警視庁交通機動隊(白バイ隊員)の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を捜査し始めた右京と亘。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑)という男性が転落死する。生前、幸矢が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明し、両者の関係を調べる中、幸矢が「ネオ・ジパング」と呼ばれる謎の“仮想国家”の住民だったことが分かる。

 「ネオ・ジパング」の“建国の父”とは、IT長者の加西周明(石丸幹二)。その存在に疑問を抱き、現実世界での事件との関連性を探り始めた特命係はやがて、巨大な仮想国家の実態、そしてそれを築き上げた加西の思惑を知り、事件は思いもよらない方向へと展開していく。

 特命係の前に立ちはだかる加西は、桁違いの金持ちで、有り余る金に物を言わせて、絶対君主国である「ネオ・ジパング」を建国し、“建国の父”として君臨している。つかみどころがなく、一見何を考えているのかも分からないようなこの謎多き男を、俳優・歌手・司会業までマルチな活躍を見せる実力派俳優・石丸が怪演する。

 石丸は加西の人物像について、「台本を読みながら頭に浮かんだのは、金が有り余ってしょうがない人、多額の金さえ出せば何でも可能だと思っている人、人生はゲームだと思っている人――つまり、頭脳明晰(めいせき)だが、信じるのは金のみという自己中心的な男。笑顔の仮面をかぶった冷酷さを見せつつ、“あー、あの人に似ている!”と思ってもらえるような人物を演じようと思いました」と振り返り、台本を読んで「SFのような仮想の世界にのめり込みました。自分の頭の中で世界を描きながら、ワクワクしていましたね」と語り、現実と仮想の世界が入り交じる今作に、演じていても胸を躍らせていたようだ。

 そして、水谷、反町との共演について「きっといろいろとお気遣いいただいたのだと思いますが、お二人の自然体のたたずまいに、すんなり溶け込むことができました。水谷豊さんは、杉下右京との境目が分からない! 個人的に話していても、カメラが回っている時も、どちらと話しているのか分からなくなるという、不思議な体験をしました。反町隆史さんとは初共演でした。公園をジョギングする私に同走しながら会話を進めていくシーンで、反町さんはスーツ姿。汗もかかず、息も上がらず、“日頃からきっと鍛えているに違いない!”と確信、こんなところでも大きな刺激を受けました」と明かした。

 「テレビで見ていたあの世界に出演できる! 印象に残る役作りをしなくては、と意気込みました」と強い思いで挑んだ“初・「相棒」”で、石丸が演じるIT長者・加西が、右京たちとどのような頭脳戦、心理戦を繰り広げ、物語がどんな結末を迎えるのか。20周年イヤーの幕開けを飾るにふさわしい、壮大かつ最新鋭の映像とストーリーに期待が高まる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.