News ニュース

マツコもハマったNiziUの魅力とは? J.Y.Park自ら語る!2020/09/19

 日本テレビ系で9月19日に放送される「マツコ会議」(土曜午後11:00)では、先週に続き、J.Y.Parkと中継をつないでマツコ・デラックスとトークを繰り広げる。

 前回の放送では、「ほめる指導の本質」や「餅ゴリ」というニックネームなど、J.Y.Parkの人となりに迫ったマツコ。今回は、マツコも心を奪われたという「Nizi Project」や、NiziUについての話題に切り込んでいく。

 「Nizi Project」は、J.Y.Parkが10年かけて構築した計画だが、マツコも「オーディションは人生の縮図」と表現するほど、日本テレビほかで放送されていた「虹のかけ橋」のとりこになったという。いくつもの試練を乗り越え、1万人の中からNiziUのメンバーに選ばれた彼女たちの成長を目の当たりにして、マツコは「ちゃんと目標があって未来を描けている人は、どんなに厳しい環境になっても食らいついていく。そういう真っ当な姿をあらためて見せられた」とコメント。

 それに対し、J.Y.Parkは「プロデューサーとしては、短所がたくさんあっても、特別な長所が一つだけあればメンバーに選びます」と語り、さらに「全員その長所があるから、NiziUメンバーは完璧だと思います」と続ける。そして、プロデューサーとしての在り方にも話は進んでいく。

 また、なぜデビューした9人が決定したのか、その一人一人の具体的な魅力をJ.Y.Parkが明かす。「MAKOがマイケル・ジョーダンを彷彿とさせる」「RIKUは最も予想を超えていった参加者」とそれぞれの良さを挙げるが、マツコが「出てきた瞬間からすごかった」と評するRIMAの話題になると、「実は一番心配していた参加者だった」とその意外な胸の内を吐露していく。加えて、マツコがこのオーディションで最も揺さぶられたという、“真のスター”についても熱弁する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.