News ニュース

久間田琳加が「マリーミー!」で地上波連ドラ初主演! 瀬戸利樹と初々しすぎる夫婦に2020/08/31

 テレビ朝日ほかでは、10月から“ティーンのカリスマ”久間田琳加が地上波連ドラ初主演で初々しすぎる新妻役に挑戦する、ドラマ「マリーミー!」(テレビ朝日=土曜深夜2:30、ABCテレビ=日曜午後11:25。開始日未定)がスタートすることが分かった。瀬戸利樹と共に夫婦を演じ、キスより先に結婚した2人の“ほわキュン”ラブストーリーが展開する。

 ドラマの原作は、夕希実久氏による電子コミックサービス・LINEマンガの同名のオリジナル作品。アメリカや韓国をはじめ、日本を除く5カ国・5種言語に翻訳され、海外でも配信されるなど、累計2.7億PVを超える大人気作だ。架空の法律「ニート保護法」の下、強制的に結婚することになった“ニート”の女性とエリート国家公務員が徐々に心を開き、家族になっていく模様を描く。

 主演の久間田は、雑誌「Seventeen」の専属モデルから、バラエティー番組や映画、ラジオ番組などにも活躍の幅を広げ、今作が地上波ドラマ初主演作となる。演じるのは、育ての親の祖父母に先立たれ、ひとりぼっちの“ニート”となってしまった主人公・沢本陽茉梨)。夫”個性豊かなご近所さんとの触れ合いの中で、本来の天真らんまんさを取り戻し、家族となっていくさまを感情豊かに演じる。弱冠19歳の久間田による、かわいすぎる新妻ぶりに期待が高まる。

 陽茉梨の結婚相手・秋保心役を務める瀬戸は、「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で人気を博し、子犬のような抜群の愛くるしさを生かし、2018年10月期の同枠ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」では、とにかく残念な“プリンス・オブ・ダメ男”を好演。今回は、正反対のエリート国家公務員を演じる。出世だけを目指し、他人への興味を失っていた男が、次第に陽茉梨にひかれ、戸惑いながら、優しさにあふれた誠実な王子さまのように変貌していく。

 告白も恋愛期間もなく、いきなり“結婚”から始まるユニークなラブストーリーを演じる久間田と瀬戸は、今回が初共演。初対面時には、互いに「クールな印象」を抱いたというが、クランクイン後は役柄さながらに、瀬戸が積極的に話しかけ現場経験の少ない久間田をリードし、久間田はそんな頼れる先輩に緊張をほぐしてもらいつつ、心に対する陽茉梨の気持ちと、自分と瀬戸との少しずつ理解を深めていく距離感とを重ね合わせながら演技に臨んだという。

 久間田は「私自身、少女漫画を読むことが大好きだったので、より陽茉梨の気持ちを強く理解したいと思っていました。主演ということで不安もありましたが、たくさんのスタッフの皆さま、そして共演者の方々の温かい雰囲気に助けられて無事撮影を終えることができました。10代のうちにこのような経験をさせていただけて、とてもうれしく思います」と感激している。

 役柄については「陽茉梨は心さんによって本来の天真らんまんさを取り戻していきます。演技ではその過程が伝わるように、暗い陽茉梨からだんだんと明るくなっていく変化を意識しました。幸運にも撮影初期はほぼ順撮りだったので、心さんに心を開かない陽茉梨の演技には、当時まだよく知らない瀬戸利樹さんのことを、『どんな方なのだろう…』と思う私自身の気持ちを重ね合わせることができました。日数を重ねるうちに瀬戸さんともお話ができるようになり、陽茉梨として自然と明るくなっていけたように思います。陽茉梨の、初対面の方となかなか打ち解けられない一方で、一度心を開いたら早いという面は私に近いと思います」と語った。

 そして「陽茉梨がニートということもあり、私が出演するのはほぼ沢本家の中。やっとこの家の使い勝手が分かってきたという頃にロケになりました。私自身、自粛期間はおうちで過ごすことが増えていて、家での時間が最近好きだなと思っていたので少し寂しかったです(笑)」と振り返り、「心と陽茉梨の“ほわキュン”の距離感は『2人だったらこういう手の触れ方の方がいいよね』とか、瀬戸さんと一緒に研究しながら演じた部分です。夜遅い時間の放送ですし、ハラハラドキドキではなく“ほっこり”した気分で見てもらえたらうれしいです。結婚して大丈夫なの?という2人を、どうぞ優しく見守ってください」と視聴者へメッセージを送った。

 瀬戸は「心は、見ず知らずのニート女性と結婚せよとのムチャな辞令にも、昇進のために従う厚生労働省のエリート国家公務員です。本当の恋愛も知らず他人にも興味がない心が、陽茉梨と出会ってどのように変化していくか…そこが、この役の見せどころ。職場ではデキる姿を見せ、沢本家や普段の生活の中では人間味を表現することを心がけました。心と自分は、『本当に人を好きになったことがあるのか?』という意味では似ているかな…? 他人に興味ないというところも少し共感(笑)。でも、心を演じながら、彼の中で結婚観や人に対する思いが成長していくのに合わせて、僕自身、多くを学びました」と役どころを紹介。

 さらに「恋にはいろんな形があるのだと、あらためて感じました。好きになっちゃえば、どんな始まり方もあり。実は僕、心と同じく結婚願望が全くなく、独身貴族を貫こうと思っていたのですが、こんな僕でも結婚したいな、結婚っていいなって思ってしまいました(笑)」と本作から影響を受けた様子で、「恋愛作品には付き合うまでを描くものが多い中、このドラマは結婚から始まり、その後の生活を追うという点でとてもユニークだと思います。作品のコンセプトでもある“ほんわか”&“キュンキュン”を感じてもらえるように頑張りましたし、めちゃめちゃ奇麗に仕上がった映像にはそうした世界観があふれています。ニートと国家公務員という接点のない二人が、どう変化し距離を縮めていくのか、注目してご覧ください」とアピールした。

 原作者の夕希氏は「まず自分で大事にできる作品を作りたいなぁ。と、ただただ一生懸命描いた漫画でした。そんな作品がさまざまな方々のお力をお借りしてドラマにしていただくことになりました。とても光栄です。関わってくれた皆さま、読んでくれた皆さま、ありがとうございます!」と感謝のコメントを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.