News ニュース

「24時間テレビ43」ヒロミ&ジェシーの手によって生まれ変わった“手洗い場”に大歓声!2020/08/23

 現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

 8月23日午後0:00頃、同系バラエティー「有吉ゼミ」の名物企画「八王子リフォーム」の特別編が放送された。ヒロミとSixTONES・ジェシーは、東京・八王子にある私立桑の実幼稚園を訪れ、手洗い場をリフォーム。井ノ原らメインパーソナリティーのほか、ギャル曽根らが両国国技館でその模様を見守った。

 実は、ヒロミは4年前にも同園のリフォームを実施。今回は、蛇口が少なく、手洗い場の周りで園児たちが密になってしまうことに悩んでおり、生まれ変わらせてほしいと依頼が届いた。

 炎天下の中、本格的な工具を使った大規模な工事を開始。使いやすさにとことんこだわり、蛇口の数は6個から26個に増加。体の大きさに合わせた3段階の高さのシンクを作るなど、ヒロミらしい細やかな工夫がたくさん。さらに、デザインにも力を入れ、なんと3時間以上悩み続けたヒロミ。アーティストとしても活躍する親友・木梨憲武のアドバイスをあおぎ、ドット柄の色鮮やかなデザインなど、子どもたちが楽しく使える手洗い場が着々と出来上がっていく。

 そして、5日間、実に40時間以上かけて完成した手洗い場を、生放送の中でお披露目。園庭には理事長夫婦と先生らが駆けつけ、園児たちはリモートでその瞬間を見守った。幕が上がると、見事に生まれ変わった手洗い場に歓声が上がる。今回の「24時間テレビ43」のテーマ「動く」にちなみ、デザインの中には“MOVE”の文字も入れられていた。園児の1人は「ジェシーさん、ヒロミさん、スタッフの皆さんありがとう」とうれしそうに感謝の気持ちを伝えた。さらに、ジェシーお手製のカートのおもちゃと、動物型の消毒用アルコール入れも合わせてプレゼント。ジェシーは「また4年後に来ます!」と宣言。ヒロミらと共に、子どもたちが笑顔で集う幼稚園に、安全ですてきな手洗い場を作り上げた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.