News ニュース

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」2024/05/31

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」

 NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜午前8:00ほか)でヒロイン・佐田寅子役を演じる伊藤沙莉が、寅子にとってつらい出来事が続く一方で、愛する人との幸せを感じる瞬間も多くある展開が描かれた第8・9週について、寅子の渦巻く感情をどのような思いで演じていたのか語った。

 「虎に翼」は、日本初の女性弁護士・三淵嘉子さんをモデルにした物語。日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ1人の女性の実話に基づく骨太なストーリーを追いながら、事件や裁判が解決されていく爽快感を味わえる本作は、同局の「恋せぬふたり」で第40回向田邦子賞を受賞した吉田恵里香氏が脚本を手掛けるオリジナルストーリーとなっている。

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」

 「寅子にとって理想や夢が打ち砕かれて、試練と挫折の連続。演じていてとてもつらかった」という第8週。「やっと弁護士になれたのに辞めることになったり、やっと恋をして相手を大事に思えるようになったところで戦争へ行ってしまったり。いろいろなものを得ると同時に、失っていく週でした」と振り返る伊藤。

 また、「1週目の第5回(4月5日放送)で、お母さんのはる(石田ゆり子)が予言のように『でも、(弁護士に)なれなかった時は?』『なれたとしても、うまくいかずその道を諦めることになった時は?』と寅子に問いかけていましたが、まさしくその通りになって。寅子としては一番悔しい展開だったと思います。つらいことも多かったですが、(仲野太賀が演じる夫の)優三さんとの愛が深まり、すごく幸せな時もありました。その幸せな時間があまりに短いという切なさも、物語としては好きなんですよね」と、寅子として感情が揺れ動く展開だったことに触れる。

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」

 優三役の仲野との掛け合いに関しては、「ご本人にも何度伝えたか分かりませんが、本当に優三さん役が太賀さんでよかったと心から思いましたし、互いにそうした言葉を掛け合ううちに、より絆が深まりました。太賀さんはお芝居についていろんな提案をしてくれながら、私の考えを整理させてもくれて、特に第8週で寅子として演技が自然とできたのは、優三さんが太賀さんだったというのがとても大きかったです。あらためて振り返ると、演じていてすごくいい時間でした」と、仲野の存在の大きさを語る。

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」

 第43回(5月29日放送)では、優三の死を隠していたことを父・直言(岡部たかし)が懺悔(ざんげ)する場面があったが、このシーンについては、「この週はもう、感情がぐちゃぐちゃで。このシーンでは、寅子の気持ちを整理したくて演出の方に相談したんです。なかでも『でも、お父さんだけだったよ…家族で女子部に行っていいって言ってくれたのは』というセリフを言う時は、寅子としてあふれてくる感情が、喜怒哀楽のどこに属しているのか分からなくなって。感情の焦点をどこにも合わせられなくなってしまったんです。そこで『答えなんか出そうと思わなくていいよ、もうぐちゃぐちゃのままでいい』とアドバイスをいただいて。その通りに、あえて特定の感情に焦点を定めずに演じたからこそ、違和感のない自然な表現ができたと感じています」と明かす。

 さらに、印象深かったシーンとして、第44回(5月30日放送)の第1回(4月1日放送)につながる河原のシーンを挙げ、「優三さんの幻影に『トラちゃんができるのは、トラちゃんの好きに生きることです』とあらためて励まされて、新しい日本国憲法を手にするという、終わりと始まりがリンクするところが、物語の作りとしても面白いと思いました」と述べ、「第10週以降も楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールした。

伊藤沙莉がつらい展開が続いた「虎に翼」第8・9週を振り返る。「本当に優三さん役が太賀さんでよかった」

この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年夏】TVドラマガイド

2024年夏クール(7月・8月・9月)にスタートする連続ドラマを曜日別に一覧でまとめて大特集!<br />
目黒蓮の月9「海のはじまり」、山田涼介「ビリオン×スクール」、高橋文哉「伝説の頭 翔」、飯沼愛×八木勇征「南くんが恋人!?」など注目作のほか、深夜ドラマやBS放送の新ドラマを含め、出演者、主題歌、あらすじ、記者会見リポートなど、最新情報満載で随時更新☆

2024年夏クール(7月・8月・9月)にスタートする連続ドラマを曜日別に一覧でまとめて大特集!
目黒蓮の月9「海のはじまり」、山田涼介「ビリオン×スクール」、高橋文哉「伝説の頭 翔」、飯沼愛×八木勇征「南くんが恋人!?」など注目作のほか、深夜ドラマやBS放送の新ドラマを含め、出演者、主題歌、あらすじ、記者会見リポートなど、最新情報満載で随時更新☆

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

Copyright © TV Guide. All rights reserved.