News ニュース

田中圭×安田顕が初共演!! 天才科学者&熱血刑事で難事件に挑む!2020/02/12

 テレビ東京系では4月クールに田中圭主演の連続ドラマ「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」(金曜午後8:00)を放送。原作はビッグコミック増刊号(小学館)で連載された夏緑氏原作、菊田洋之氏作画の漫画「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」。「DNAはうそをつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る。

 田中が演じるのは、「聖ヘリックス大学」医学部細胞医療学科ゲノム解析学研究室の准教授でDNAの専門家・神保仁。神保の趣味は個人的なDNAデータベースを作成することで、DNA研究に没頭するあまり常軌を逸した行動をとることがあり、周りからは変人と思われているという役どころ。「台本を読んだだけでワクワクした」と話す田中は、「金曜8時なので、みんなが楽しく見られるけど、気付いたら集中して夕飯を食べ忘れた…みたいな、のめり込める作品になればいいなと思います」と意気込んだ。さらに「自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います」とコメント。

 そして、そんな神保と事件解決のためにタッグを組む警視庁・捜査一課七係の安堂源次警部補を安田顕が演じる。神保とは正反対で、涙もろく直情型の昭和な刑事であり、変わり者の神保に何かと振り回される熱血刑事だ。安田は「刑事役はいつもワクワクします。安堂という役を現場で楽しみながら、人間味あるよう演じていけたらと思います。ご覧くださる方々に楽しんでいただけるドラマを、キャスト、スタッフの皆さまと作り上げていけるよう頑張ります」と本作への思いを述べた。また、今回初共演となる田中については「ご一緒するのは初めてですが、とてもうれしく光栄です。これまた今から楽しみで仕方ありません」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.