News ニュース

浜辺美波が横浜流星の結婚を阻止!? 本日スタート「私たちはどうかしている」シーンが公開2020/08/12

 浜辺美波と横浜流星がダブル主演を務める、8月12日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「私たちはどうかしている」(水曜午後10:00)の、第1話のシーン写真が公開された。

 同作は、安藤なつみ氏による累計発行部数200万部超の同名漫画をドラマ化。老舗和菓子店を舞台に、15年前に起こった老鋪和菓子店「光月庵」主人の殺害事件をめぐり、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらもひかれ合う、かれんで才能あふれる和菓子職人・花岡七桜と老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿の姿を描いたラブミステリーだ。

 今回の公開された場面写真は、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、母の無実を証明しようと決意した七桜が、椿の結婚式当日「光月庵」に乗り込んだ場面と、降りしきる雨の中、式が開かれていた大広間から庭に降り、椿が土下座する場面の2点。椿は、参列者へ、そして「光月庵」の大旦那や女将へ、椿は何を語るのか? 憎むべき相手なのに、互いにひかれ合う“どうかしている”2人の波乱の恋の幕が開く。

 第1話では、七桜が、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決相手が金沢の老舗和菓子屋「光月庵」だと聞き、絶句する。15年前、「光月庵」の和菓子職人だった七桜の母・大倉百合子(中村ゆり)が若旦那・高月樹(鈴木伸之)を殺害した罪を着せられたことで、七桜の人生は一変。何もかもを奪われてしまったのだ。対決を辞退する七桜だが、住み込みで働いていた店を突然解雇される。雨の中、行き場もなく途方に暮れていると、見知らぬ男・多喜川薫(山崎育三郎)に母から預かっていたという手紙を渡される。

 その手紙から、今は亡き母の思いを知った七桜は長い髪を切り落とし、「光月庵」との和菓子対決に挑む覚悟を決める。対決当日、七桜の前に現れたのは、15年前に百合子が殺人犯だと証言した「光月庵」の跡取りで、幼なじみの椿。冷たく自信に満ちた椿を前に怖気づく七桜だが、持ち前の“食べる人への思いを込めた和菓子”で勝負する。対決後、七桜を待っていた椿は、七桜の正体には気付かないまま、彼女にプロポーズ。2人の波乱に満ちた運命が動きだす。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.