News ニュース

小芝風花が「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」で主演。“名もなき遺体”を家族のもとに帰す警察ドラマ2024/04/30

小芝風花が「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」で主演。“名もなき遺体”を家族のもとに帰す警察ドラマ

 小芝風花が、日本テレビ系で7月にスタートする連続ドラマ「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」(土曜午後9:00、開始日未定)で主演を務めることが分かった。小芝は同局の連ドラ初主演となる。

 「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」は、警視庁に実在する部署である身元不明相談室をモデルにした警察エンターテインメント。社会問題になりつつある、全国に2万体も存在するどこの誰かも分からない“名もなき遺体”の身元を特定し、家族のもとに帰すことが役目の警視庁身元不明人相談室が舞台となる。

 地味で誰も行きたがらない警視庁の部署に自ら志願して配属された変わり者・三田桜(小芝)と、10歳上の同期・月本真は、性格も趣味もまるで正反対だ。明るく天真らんまんな桜と、クールで冷静沈着な真。顔を合わせればいがみ合ってばかりだが、1人でも多くの身元不明者を家族のもとに帰したいという思いは一緒。事件発生から犯人逮捕までの王道“警察ドラマ”ではなく、身元不明の遺体から始まり、秘められた死者の思いが描かれていく。

 脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「おちょやん」(NHK)や「半沢直樹」(TBS系)など数々のヒット作を放ち、2026年の大河ドラマ「豊臣兄弟!」(NHK)を担当する八津弘幸氏。日本テレビでのゴールデン・プライム帯の連ドラマの脚本は初めてとなる。遺体に残されたわずかな手掛かりを頼りに謎を解くミステリー×ヒューマンドラマで完全オリジナルストーリーが展開する。 

 今回初解禁されたビジュアルは、警視庁身元不明人相談室・捜査官の桜が死者の思いをくみ取り、その無念を救う“生”への信念と“死”(身元不明の遺体の骸骨)の対比で構成されており、ドラマの世界観を表したビジュアルとなっている。

 主演オファーに「すごくうれしかったです。プロデューサーや監督、スタッフさんも、以前からお世話になっている方が多いので、またご一緒できるうれしさと、今回はどんな作品になるんだろう、作れるんだろうとワクワクしています」と声を弾ませる小芝は、「実在する警視庁の部署をモデルにしていて、身元が分からない遺体を服装や持ち物を手掛かりに、家族や恋人のもとに帰すために奔走するドラマです。これまで警察ドラマってたくさんあると思うのですが、今作は一味違ったドラマになると思います」と作品を紹介。

 加えて、「私自身も身元不明相談室があるということは知っていたのですが、そこをドラマにするんだ!と思って、すごい新鮮でした。これを機に、相談室のことをいろいろ調べたら、こんなにも多くの身元不明のご遺体があるんだなと思って、正直、心が苦しかったです。この作品を通じて、身元が分からなく、亡くなってしまった方の思いを根気強く熱心に捜査し、家族や恋人のもとに帰す三田桜を見て、視聴者の方に、少しでも温かい気持ちになっていただけたらうれしいです」と作品への思いを伝える。

 演じる桜については、「すごく真っすぐで思いが強いキャラクターです。名前すら分からないご遺体だから、捜査が難航して心が折れそうにもなる時も、誰よりも“彼ら”の気持ちに寄り添う真っすぐさを持ち合わせています。プライベートでは、明るくてコミュニケーション能力も高く、同期入庁で相棒の月本真にすごく心を許しているキャラクターです」と説明し、「完全オリジナル作品というのもあり、今までにない切り口の新しい警察エンターテインメントが作れるのではないかと思っています。ぜひ見ていただきたいです。頑張ります!」と意気込みを述べている。

 脚本の八津氏は「最初にこの企画を提案した時、実は正直この企画は、民放の、しかも連続ドラマでやるのは難しいだろうなと思っていました。どうしても重いテーマになってしまうし、リアリティーとエンタメのバランスなど、なかなかの縛りがあることは目に見えていましたから。ところが、何かのタイミングなのか、神様の気まぐれか、いやおそらくプロデューサーの並々ならぬ熱意のおかげで、ありがたいことに、この企画は動き出す運びとなりました。感謝します。感謝しますが、実際に執筆してみると……予想を超えて難しかったです(笑)。でも難しいということは、面白くなる可能性があるということです。この簡単ではないテーマと向き合い、その上で皆さんに楽しんでもらえるドラマを作れたら、それは何か新しい物のような気がします」と、難しいテーマだからこそ創作の楽しみもあることを明かしている。

 続けて、「現実世界で苦しんでいる人は確かにいて、自分でもどうすることもできない衝動に駆られて、最後の一歩を踏み出してしまう。できることならその一歩を踏みとどまらせるような、案外この世界はばかばかしくてすてきなんだと思ってもらえるような、そんな作品にできたらと、今も頭を抱えています」と苦悩しながら執筆に励んでいる。

 作品を手掛ける荻野哲弘プロデューサーは「数々のヒット作を手掛けてこられた脚本家・八津弘幸さんから提案していただいた幾つかの企画の中で、ひときわこの企画が輝いて見えました。事件が発生して捜査一課の刑事が犯人を逮捕する刑事ものは数あれど、身元が分からないご遺体の身元を特定し、家族や恋人のもとに帰す部署のドラマは”ありそうでなかった”からです。そんな本作の主演に小芝風花さんをお迎えできることは、望外の幸せです。『美食探偵 明智五郎』『城塚翡翠』シリーズ(ともに日本テレビ系)でご一緒して、卓越したコメディーセンスに加え、セリフに感情を乗せる天才的な力を目の当たりにしてきた私にとって、小芝さんの主演作をプロデュースすることは、まさに念願だったからです」と八津作品への期待と、小芝への信頼を語る。

 併せて「ご遺体から始まるストーリーをいかにエンターテインメントにするかについては、八津さんと何度も話し合いました。その中で出た過去作は、『ハコヅメ』と『あぶない刑事』です。両作の見ていて心地良いバディ感を慎んで継承したいと思います。小芝さん演じる三田桜の相棒をどなたが演じるかは、続報を楽しみにしていただければ幸いです。本作は“警察もの”であると同時に、女性バディを中心とした“お仕事もの”でもあります。本来は、ご遺体の身元が明らかになった段階で仕事としては終わっているのですが、桜はお節介にも“死の真相”まで明らかにしようと奔走します。亡くなった方、そして遺された方のために。誰かのために、仕事の範疇(はんちゅう)を超えて頑張る桜の姿に、時にクスッと笑い、やがて心を動かされる…そんなエンターテインメントを目指します!」とアピールしている。


この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

【2024年冬】TVドラマガイド

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

Copyright © TV Guide. All rights reserved.