News ニュース

稲垣吾郎 スペシャルインタビュー/【AbemaTV「72時間ホンネテレビ」】2017/10/24

 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がインターネットTV局・AbemaTVで72時間完全生放送の特別番組に挑戦。そんな3人が番組はもちろんのこと、お互いの好きなところも“ホンネ”で話してくれた。

「香取くんは頭の回転が速くて頭脳として信頼しています」

 まだ打ち合わせ中で企画が全部あがっているわけではないんですけど、72時間ってもう未知の世界ですよね。逆にどういったものを求められているかもわからなくて、試行錯誤しながら着々と足並み揃えて前に向かって進んでいる最中です。今まで地上波のテレビでできなかったような、AbemaTVさんだからできること、ネットだからできることって確実にあると思うんです。本音に迫って皆さんが聞きたいことにお答えすると同時に、SNSでリアルに視聴者の方と向き合いながら対話して番組を作っていきたいです。もちろん、いつも僕の中ではブラウン管の向こうの視聴者の皆さんと対話しながらやっているんですけど。ただその反応がダイレクトに入ってくることは経験がないので、これは新しいことだなと思っています。それぞれの個性を生かしたこととか、いろんな人に会いたいとかいろいろあって、もしかしたら72時間じゃ足りないぐらいかも。期待していてください。

 今回、こうして番組を72時間もやっていただけることにまず感謝したいです。普通はなかなかないですからね。ありがたいという気持ちがありつつ、ただ、見るほうも疲れちゃいけないですから。個人的には健康志向なので「どうなるのか?」みたいな感じはあります(笑)。ムリすることとか記録に挑戦することではないので自分の健康はキープしつつ、楽しみながらそれぞれのペースで気楽にできればなと。スタッフの方は大変だと思いますけど…すごいですよね。交代しながらやっていくのかな?

 豪華なゲストの皆さんも、ありがたいし、うれしいですよね。それだけ注目してくださっているんだなって。今まで共演することがなかった方と共演できたり、今までにない繋がりだったりをお見せすることができるんじゃないかと思います。

 SNSで第一声につぶやきたいこと? 何がいいんですかね(笑)。具体的には決めていないので、そのときの気持ちで素直に書けばいいんじゃないかなと。だって、今ここで言ったらおかしくない!? 先に書かれちゃったら…(笑)。とにかく今まで心配してくださった皆さんの気持ちは伝わっているので、それに応えたいですね。いただいたものにお応えできないことが多かったので、それに対する感謝の気持ちみたいな内容になるのかな。そのときの気持ちで、ラフな言葉になるのか、カタくなっちゃうのかわからないですけど。ちゃんと思いはありますし、それは3人とも同じだと思います。

 もちろん、3人でやりたい企画みたいなものを打ち合わせはしています。しょっちゅう会って、今まで番組を作るときよりもさらに濃密に話しているんじゃないかな。元々、通じ合っているから会話はそこまで必要ないなとか思いながらやってきていたんですけど、今回ばかりはちゃんと実のある言葉でディスカッションしながらやっていきたいなと。もちろんフィーリングも大事なんですけどね。

 「新しい地図」については、ラジオでも話しましたけど、今の自分たちの気持ち、思いみたいなものが表現できていると思います。皆さんからいただいたものへの返信という意味も含めて、すごくいいものに仕上がったんじゃないかな。まさに伝えたい気持ちを伝えることができたかなと思います。そして、それを受け止めてくださる皆さんも同じ気持ちじゃないかと思ったり。おこがましいかもしれないですけど、僕らが発信したメッセージって、今のこの世の中の温度とか気配みたいなものにもちゃんとリンクできているような気がするんです。世の中こうあるべきだ、こういう風にしていきたいなっていう思いも僕らにはあるので、そこで共感していただけたっていうのがありがたいです。アクセス数やフォロワー数、Joinしてくださっている方が大勢いらっしゃったのもすごくうれしいですし、その期待には応えていきたいですね。「新しい地図」は1つのコミュニティーとして参加型で一緒に地図を描いていくという新しいスタイルになっていると思います。今までいろんな地図を描いてきましたけど、改めてこんなまっさらなものを見るというのは非常に新鮮な気持ちです。自分でも不思議ですね、まっさらなものってもうないのかなって思ってたから…。リセットして1から始めることには不安もありますけど、そこに新しいものを描いていくことができる、しかも賛同してくださる方がこんなに多いというのはうれしいことだなと。人生再スタートする方も多いし、そういう気持ちに寄り添えればいいなと思います。

 改めて草なぎくん、香取くんの好きなところを言うと…恥ずかしいけど、人って口にしなきゃいけないときってありますよね。心で通じ合っているような関係性も大切だし、そうやって成り立っていることも多いけど、時に言葉にしたりもう一度向き合うっていうことも必要なんだなって。今まで視聴者の方やファンの方、スタッフの方たちに対しても「わかってくれてるだろう」っていう甘えがあったと思うんです。そこはちょっとリセットしたいですね。話がそれましたけど、2人のことは基本的にとても尊敬してます。自分にないものを持っていて、自分にはとてもできないようなことをいとも簡単にこなして。2人のファンでもあります。

 個々で言うと草なぎくんについては、彼が僕に思ってくれているようなことを僕も思っているかな。最近LINEしているんですけど、「吾郎さんはどんなときも変わらずに吾郎さんワールドでいるよね。そういうところ僕は好きだよ」みたいなメッセージをくれて。「それ君のことだから!」と思った。「マイペースはお前だろ!」って(笑)。今までは熟年夫婦みたいに特に言わなくてもわかると思っていたので、そういう風に伝えてくれてうれしかったですし、僕も草なぎくんに対して同じ気持ちです。それから香取くんについては、音楽や映画で話が合う相手でもあるので、刺激になりますね。3人の中では一番SNSに詳しいので、そこは引率してもらいたいなと。僕も今勉強中で、最初は恥ずかしい思いをしそうですけど、なんとか3人で力を合わせてやっていけたらなと思っています。

 それから、香取くんはとにかく頭の回転が速くて、僕がそこまで考えきれないっていうようなところをもう考えていたりする。本人はあんまり頭いいキャラにされたくないかもしれないけど(笑)、僕は頭脳として信頼していますね。今まで気づかなかったけど、3人で話すときに「昔ああいう風にしてたのってそういうことだったのか」って思うこともあって。歳月ってコワイですよね。わかり合っているつもりでもちょっとズレていたことがあったんだなって。新しい発見、新しい魅力を感じることが多くて、今毎日が幸せです。

 SNSには今までそれほど触れてきませんでした。ゴルフが好きなので、そういった方のInstagramやTwitterを見たり、身近なお友達のを見たりはしていましたけど。エゴサーチ? その言葉は初めて聞きました。絶対草彅剛は知らないでしょう(笑)。そうですね、自分ではあまり検索はしないです。人からは聞きますけど。やっぱり舞台をやったりすると、気になりますね。いいこと書いてくれているものはうれしいですし、励みになります。なるべく悪いことは目にしたくないですけど、これからそういうのも向かい合っていかなきゃいけないんでしょうね。今後はファンの方のつぶやきを見たり返信したりするっていう新しいコミュニケーションが始まるでしょうから、それが楽しみではあります。ただSNSとアイドル像のあり方って難しいなって、けっこう考えますよ。やっぱり基本は雲の上の人間なんですよ(笑)。基本はね。トイレ行かないですし(笑)。だから、それは僕も詳しい方に確認しました。うれしい方もいれば、ここは見たくないっていう方もいるみたいですね。お家のお花の写真は見たいけど、プライベートで誰かとご飯食べているのは見たくないとか…。ファンの方と、より深く、より新しいものを作っていきたいというのが前提なので、そのあたりも考えてちゃんとデリケートに対応していきたいですね。SNSの良いところと悪いところをきちんと勉強して、うまく付き合っていけたらなと。YouTuber(草なぎ)には過激にやってもらいたいですけどね(笑)。

★今回のスペシャルインタビューは10月24日発売の「月刊TVガイド」12月号に掲載!

【プロフィール】 

稲垣吾郎(いながき ごろう)

1973年12月8日生まれ。東京都出身。射手座。O型。「ゴロウ・デラックス」(TBSほか)に出演。

【番組情報】

稲垣・草彅・香取3人でインターネットはじめます 
「72時間ホンネテレビ」 
AbemaSPECIALチャンネル 

11月2日午後9:00~5日午後9:00 

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が「ありのまま」と「感謝」をテーマにおくる72時間完全生放送番組。3人は番組開始と同時にTwitterなどSNSでの発信もスタートさせる。ゲストも続々と発表中。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.