News ニュース

草彅剛 スペシャルインタビュー/【AbemaTV「72時間ホンネテレビ」】2017/10/24

 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がインターネットTV局・AbemaTVで72時間完全生放送の特別番組に挑戦。そんな3人が番組はもちろんのこと、お互いの好きなところも“ホンネ”で話してくれた。

「吾郎さんにLINEで素直な気持ちを伝えました」

 番組内容は、いくつか決まっていることがあるみたいなんだけど、みんな僕にはあまり教えてくれなくて(笑)。関根(勤)さんが出るってこともネットニュースで知りましたからね。僕のところにおりてこないのはなんでだろうって(笑)。多分僕も、いろんなことを皆さんと同じタイミングで知ってるんじゃないかな(笑)。でも、それも含めて楽しんでいて、やっぱりネットって情報が早いなと思いました。

 3人で食事に行って、「呼びたい人とかいる?」「ぜんぜん無名な人とか呼んでもいいのかな」みたいな話はしています。とにかく3人とも意気込んでいて、気持ちが1つになっていますね。決まっている企画もあるし、ゲストではすばらしい方にたくさん来ていただくんですけど、とにかくまずは3人が元気で迎え入れないといけない。当日に向けて健康状態を整えてがんばろうっていうことを話しました。番組の中で何がやりたいかと言われれば…僕夜10時になったら眠くなっちゃうんですよ。だから、寝たいですよね(笑)。どう考えても72時間寝ないでやるってムリだから、いかに途中でうまく寝るかっていう…(笑)。でもあんまり寝たい寝たいっていうと「おまえ寝ることばっかり考えてるのか! 番組のことを考えてないじゃないか!」って怒られそうだなぁ(笑)。とにかく、今まで24時間とか27時間はやったことあるんですけど、今回はさらに長くて。改めてこの3人で、今までにない大きな壁をどう乗り越えるのかっていうのが楽しみです。

 その中で、30年芸能生活やってきているなりの貫禄を見せたいですよね。わかんなくても、「どうしようかな…?」ってなるんじゃなくて、「(腹を突き出し)私に任せてください」みたいにしてね(笑)。だから、僕がこうしてふんぞり返っているときは段取りとか忘れて訳がわかんなくなってる状況だなと思ってください(笑)。縮こまっちゃうとよくないのでドンと構えるようにします。「やっぱり(テクニック)持ってるじゃん」「いざとなったら草なぎくんだよなー」みたいなところを見せたいんですよ。慎吾はいろいろ打ち合わせしていて、「つよぽんはその中で遊んでくれれば大丈夫だよ」なんて言っているんだけど(笑)。でも72時間になると、いくら緻密に打ち合わせをしても絶対アクシデントとかあると思っていて。結局一番大事なのはライブ感だっていうのを2人に見せたいし、世の中の人にも「草なぎあっての72時間だったな」と思ってもらいたい。だから僕は打ち合わせをしない! アハハッ。打ち合わせしても忘れちゃうのでね(笑)。大丈夫、72時間、いざとなったら何もしなくても時間は過ぎていく(笑)。あとは、くるみ(草なぎの愛犬)ですね。くるみがいると僕が面白くなるので(笑)、ちょっと連れて行こうかなとは思ってます。

 周りは「こいつに言ってもだめだろう」って感じで「とりあえず剛くんは“YouTuber草なぎ”がトレンド入りしたからそれでいこう」っていう空気になっていて(笑)。僕自身がアナログの人間なので、それをみんな楽しんでいる節がある。でもそれはそれでいいかなと。今回AbemaTVを初めてご覧になる方もいると思いますけど、僕自身もちょっと前にダウンロードしたばかりなんです。だから、僕はアナログな方々に同じ目線で「こういう楽しいものがあるね」って伝える係かなと。慎吾や吾郎さんとは違う役回りで、そこら辺はバランスとれているんじゃないかなと思います。

 「新しい地図」への反響はやっぱりうれしいです。「逃げよう」って一見ネガティブな言葉だけど、一番手っ取り早く自由になれることなのかなって思って。みんなが抱いている“窮屈なものから解放されたい”っていう気持ちがスパンと表されていてキャッチーですよね。僕らの今の気持ちを表していていいんじゃないかって3人の意見が一致して、こういう形になりました。気持ちいいですよね、あの映像とか、新しい地図の空の色とか。これから新しく始まる僕らの気持ちを汲んで作っていただいたもので、見てくださる人たちにもすっと心に入っていくような作品になったのかなと思います。「新しい地図」を3人で始めて、「72時間ホンネテレビ」含めて新しいことをやっていくにあたって、2人とも頼もしいですね。僕は適当だけど、2人はマジメなんですよ。誠実ですし。30年やってきて、僕を初心に戻してくれるから好きだなぁ。2人とも僕にないものを持っていて、慎吾はアーティスティックだし、僕のことを好きなところも好き(笑)。吾郎さんは、高校が一緒だったので、1つ上の先輩でお兄ちゃん的存在。僕が知らないこと…わかりやすくいえばワインとかも詳しいし、東京のおいしいお店をいっぱい知ってたりするし。一緒にいてほんとに楽しくて、そういうところが好き。2人とも、違うステージで新しいことをやっていこうっていう気持ちが素敵ですね。もちろん僕自身も同じ気持ちだし、そう思えることが今は幸せですね。

 SNSで第一声つぶやきたいことは…とりあえず3人で「よろしくお願いします」みたいな感じかな。吾郎さんは内緒にしてたの? それなのに俺が言っちゃったんだ(笑)。いや、でもいざつぶやくとなると変わるかもしれないけどね。

 僕にとってはネットの世界に入っていくことが本当に新しいことで。でも勉強し始めてみてネットの世界って楽しいなって素直に思えた。反響もダイレクトに返ってくるし、今までとは正直まったく違った感覚ではあるけど、悪くないなって、気持ちがすぐ追いつきました。今まではまったく知らなくて遠ざけていたところもあったのかな。でも知らないからやらないっていうんじゃなくて、知った上でやるやらないを選択していけばいいなって思ってます。

 これまでSNSは、自分の好きな古着屋さんのインスタを見たりはしてましたけど、そのぐらいかな。Twitterはしたことないですね。エゴサーチは何度かありますよ。パソコンをやりだした最初のうちは、こんなにいろんなこと言われてるんだーって驚いたけど、でもこういう仕事だし、それが当たり前みたいになっちゃった。まったく気にならないっていえば嘘になるけど、そういうものなんだなって割り切れるようになって、今はあまり検索もしない。これからは自分から発信していくほうになったので、いろんな人が見るし、またそれにいろんな意見もあると思うから、気にしつつも気にしないでやっていこうかなと。気にしすぎるとつまらなくなっちゃうので、楽しんで自分なりにやっていけたらなと思いますね。

 吾郎さんとLINEもしてますよ。僕は直接目を見て言うより、LINEとかのほうが照れがなく伝えられるみたい。もうなんの嘘もなく、「吾郎さんのそういう気遣いすてきだね、ありがとう」みたいなことを送りました。素直に伝えることは伝えようかなって思って。スタンプとかもあるから、カジュアルに感謝の気持ちが伝えられていいですよね。ちなみにスタンプはエガちゃん(江頭2:50)のスタンプを使ってます(笑)。

 SNSを勉強する中で大事にしているのは、わからないことはわからないって言うってこと。わからないって言うと流れを止めちゃうかなと思って言わないことも多いんだけど、今は新しい世界に飛び込んだことだし、人の意見は素直に聞いてみようって。めんどくさがりなんで「その説明いいやー」とか思うこともあるんですけど(笑)。でも自分は根がアナログで古いところもあるので、そういうところは新しくしたいし、人の意見を受け入れる窓口は広くしたほうがいいかなと。それをどう自分の中で消化して自分のものにしていくのがいいのかなって思ってます。YouTubeの勉強をする中でもいろいろ意見の交わし合いがあるんですよ。言うこと聞いて編集をもっとちゃんとやったほうがいいのかもしれないけど、「そんなの要らなくないですか?」って言ったら「それはYouTubeじゃない」とか言われて(笑)。だって、市川海老蔵さんはブログを一日何十回も更新しているわけだし、どうやってもいいじゃんって思うんですけど(笑)。そうやっていろんな意見を聞いて、真っ白な状態で始めています。

 吾郎さんは過激なことをしてほしいって言ってたんだ? 言うのは簡単ですよね、やるのは僕なので(笑)。吾郎さん勝手なこと言いますねー(笑)。そんなこと言うなら吾郎さんに「1本満足バー」でも踊ってもらおうかな(笑)。気分が乗ってたらやってくれそうだし。それ一発目にあげたら衝撃じゃない? 「YouTuber草なぎ」って言っているのに俺が出ないっていうね(笑)。それか江頭さんに出てもらおうかな。「『ぷっ』すま」の収録のあとにエガちゃんとっつかまえて、「これ絶対明日Yahoo!ニュースのトップになるから」って言ったらきっとやってくれると思うんだよね(笑)。

★今回のスペシャルインタビューは10月24日発売の「月刊TVガイド」12月号に掲載!

【プロフィール】 

草彅剛(くさなぎ つよし)

1974年7月9日生まれ。埼玉県出身。蟹座。A型。「『ぷっ』すま」(テレビ朝日ほか)に出演。

【番組情報】

稲垣・草彅・香取3人でインターネットはじめます 
「72時間ホンネテレビ」 
AbemaSPECIALチャンネル 

11月2日午後9:00~5日午後9:00 

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が「ありのまま」と「感謝」をテーマにおくる72時間完全生放送番組。3人は番組開始と同時にTwitterなどSNSでの発信もスタートさせる。ゲストも続々と発表中。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.