News ニュース

濱田岳がサレンダー橋本・原作の「働かざる者たち」で主演2020/07/27

 テレビ東京ほかでは、8月26日からドラマパラビ「働かざる者たち」(水曜深夜0:58)を放送。濱田岳が主人公・橋田一を演じることが分かった。

 原作は小説投稿サイト・エブリスタで連載されたサレンダー橋本氏による同名漫画。老舗新聞社「毎産新聞社」の入社7年目のシステム部社員・橋田は、本業はそこそこに副業の同人漫画の執筆に精を出す日々を送っている。しかし、社内に巣食う出世を諦めた勤労意欲ド底辺の“働かざる者たち”と接する中で、自分の働き方、働くことの意義、幸せな人生、自らの生き方をも模索していくことになる。

 濱田は「僕はまだ会社員になったことがないので、スタッフさんたちに『本当にこういう人いるんですか?』って聞いたら、『世の中のあるあるです』って言ってて、世の中はこんなに面白い人たちがあふれているんだなぁと思いました。ダメな人たちって思われがちなんですけど、このドラマではどこか人間的に愛嬌があって、どこか許せない人物像になったらいいなぁと思いました」と作品の印象を語る。

 また、「橋田は常にブレブレですね。常にブレていて、でもいいヤツというか。真面目がゆえだとは思うんですけど、働かないおじさんたちにも振り回されブレてしまう心のピュアな男です。だけどそんな橋田だからこそ、おじさんをはなから毛嫌いせずにいいところを見つけ出そうとする。そういう意味ではすごくすてきな男だなと思っています」と、自身が演じるキャラクターの魅力を紹介。

 共演者については、「皆さん働かないおじさんたちを演じていただいているんですけど、撮影の日数は限られているので、実はめちゃめちゃ働いてるおじさんたちで、そこの矛盾がちょっとおかしいなと思いながら、先輩たちの姿を見ています(笑)」と言いつつも、「毎話毎話の働かないおじさんたちが本当にパンチのあるすてきな先輩方なので、もう思う存分やっていただいて、その先輩たちの伸び伸び打った球を一生懸命拾うだけです。原作の完コピではないんですけど、でもこの人、本当に漫画の世界にいそうだなっていうふうに、先輩方が作り上げているので、それを見てるのも楽しいです」と述べ、撮影を楽しんでいる様子をうかがわせた。

 脚本・監督は数多くのコメディードラマを手掛ける新進気鋭の演出家・有働佳史氏。また、演劇ユニット・カミナリフラッシュバックを主宰し、女優としても活動するニシオカ・ト・ニールも脚本に参加する。

 原作者・橋本氏は「本作は私が勤める会社の『働かないおじさん A』をヒントに描いた話です。当時抱いた『働かない大人がいるんだ』という驚きや、『でもなぜ働かないんだ?』といういら立ち。そして、会社員と副業の漫画の間で揺れ動く感情を、名優・濱田岳さんに演じてもらえるなんて、こんなぜいたくなことはありません。『できれば働きたくないけど、何とか頑張って働いている』そんな人たちの背中を押すようなドラマになると思います」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.