News ニュース

「相棒」放送から23年で、今夜ついに400回突破!2023/01/25

 水谷豊と寺脇康文が約14年ぶりに再びタッグを組み、新たな伝説への扉を開けたテレビ朝日系連続ドラマ「相棒 season21」(水曜午後9:00)が、1月25日に放送400回目を迎える。

 2000年にスペシャルドラマとして誕生し、23年にわたって放送してきた「相棒」シリーズは、初代の亀山薫(寺脇)に始まり、神戸尊(及川光博)、甲斐享(成宮寛貴)、冠城亘(反町隆史)と、杉下右京(水谷)と固い絆で結ばれた“相棒”たちが、警視庁特命係として数々の難事件に立ち向かってきた。テレビ朝日の午後帯に放送している「ゴゴワイド」枠(関東ローカル)では、「相棒 放送400回突破記念!#右京と歴代相棒セレクション」と題し、これまでの歴代“相棒”と共に歩んできた傑作エピソードを、特別映像を交え放送する予定だ。

 また、TELASAでは、サービスがスタートした20年4月以降の視聴数を集計し、TELASAで配信中の「相棒」関連全作品の中から歴代視聴数トップ30の作品を発表。その中には、すべての始まりとなった「Pre season」の作品や「season1」第1話などはもちろん、壮大なスケールで描く「劇場版」や、豪華ゲストの出演も見どころの「元日スペシャル」など、バラエティー豊かな作品がランクイン。果たしてどんなラインナップとなっているのかも、気になるところだ。

 そして、記念すべき400回目となる本日1月25日放送・第14話「まばたきの叫び」では、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が取材先で事件に巻き込まれ、病院に救急搬送される事態に。事件の現場ではホームヘルパーの男性の遺体が発見されており、美和子はその家に住む柳沼勝治(忍成修吾)という元受刑者が獄中結婚した妻・聖美(陽月華)を取材しようと、家を訪れていた。

 事件の捜査を開始した右京と薫は、勝治の出所後、周囲で嫌がらせが頻発していること、そして背景には15年前に勝治が起こした通り魔殺人事件も絡んでいることを察知する――。

 なお、2月1日放送回には、これまでにも折に触れて登場していたゲイバー「薔薇と髭と…。」のヒロコママ(深沢敦)が久しぶりに現れ、日本に帰国後、再び特命係で右京とコンビを組んでいた薫と久々の再会を果たす。今後も、ファンにはたまらない出来事が起きたり、ゲストが登場したりと、400回突破を記念したメモリアルな展開がめじろ押しだ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.