News ニュース

菅生新樹が「凋落ゲーム」で連ドラ初主演。水谷果穂、内藤秀一郎、那須ほほみ、丸山智己、森永悠希が共演2023/01/24

 菅生新樹が、フジテレビの連続ドラマ枠「火曜ACTION!」で2月7日からスタートする「凋落ゲーム」(火曜深夜0:25、関東ローカル。初回は深夜0:35)で主演を務めることが分かった。また、水谷果穂、内藤秀一郎、那須ほほみ、丸山智己、森永悠希が共演する。

 「凋落ゲーム」は、人々の羨望を集めるインフルエンサーであり若手起業家の主人公が、人には絶対に知られたくない出来事を撮影されたことから、何者かに脅迫され不可解なゲームに巻き込まれていく、先の読めない緊迫のノンストップエンターテインメントドラマ。

 菅生が演じるのは、ファッションサブスクリプションサービス「shareDresser」の代表を務める主人公・守口奏多。会社を有名起業家にSNSで紹介してもらったことをきっかけに、事業を軌道に乗せて多くのファンを獲得した若手起業家だ。その成功体験から「事業には何よりもフォロワー数が重要」と考え、SNSを駆使したセルフプロモーションに余念がない。高級腕時計を身につけ、有名起業家たちと一流レストランで会食を繰り返し、守口は誰もがうらやむような成功者の象徴的存在だった。

 しかし、1通のDM(ダイレクトメッセージ)が守口の人生を一変させる。正体不明の差出人から届いたのは、守口が他人には絶対に知られたくない事実を捉えた動画。「暴露されたくなければ自分の指示に従え」と脅迫された守口は、 “不可解なお題”に従っていくことに。当初は引き返すチャンスもあったが、人にバレたくない、築き上げたパブリックイメージや名誉を守りたいという思いが守口を追いつめ、お題を必死にこなしていく。

 連ドラ初主演の菅生は「最初伺った時は、“自分で大丈夫なのかな”と正直不安もありました。でも、大野(公紀)プロデューサーが僕に懸けてチャンスをくださって。このチャンスをものにできるかどうかは自分次第だと、気持ちを切り替え、自分が一番作品に対して熱意をもって臨もうと決めました」と心境を明かす。

 続けて、「最初台本をいただいたのは全4話中、3話までだったので、一番いいところで終わってしまって!(笑)。ラストはどうなるのか、とすごく考察してしまいました。4話の中でスピード感や緊迫感がしっかりあって、演じるということを忘れるほど面白くて夢中になって読みました。ちなみに、僕の考察は大体合ってました(笑)。でも細かいところでは予想外のこともあったので、視聴者の方にも放送が始まったら、いろいろな考察をして楽しんでいただけたらうれしいです!」とメッセージを寄せた。

 そして、「shareDresser」のプロジェクトマネジャーで守口がひそかに思いを寄せる王生楓を水谷果穂、「shareDresser」のエンジニアでこだわりが強く守口と対立する吉光幸太郎を内藤秀一郎、「shareDresser」のスタイリストで天真らんまんな小山聖菜を那須ほほみが演じる。

 また、「shareDresser」をSNSに紹介して一躍注目企業に押し上げ、公私ともに守口の憧れの存在である有名起業家・藤木剛志役を丸山智己、エンジニアとして守口と共に「shareDresser」を立ち上げたものの、その後守口と仲たがいし会社を辞めてしまった大学時代の友人・寺田悟役を森永悠希が務める。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.