News ニュース

木村拓哉のサプライズ企画に「Beautiful Life」で共演の西川貴教、池内博之、原千晶が再集結2023/01/07

 木村拓哉が、TBS系で1月9日放送の「さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP2023」に出演。さらに、2000年に、木村が美容師役を演じた同系連続ドラマ「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」に登場した美容室「HOT LIP」のメンバーが再集結する。

 今年で29年目を迎える「さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか」は、明石家さんま&中村玉緒の名コンビで送る恒例の正月番組。これまでも“テレビの力で人々の夢をかなえたい!”というコンセプトの下、毎年笑いと感動を与えてきた。今回は「“多様な”夢」をテーマに、今だからこそかなえられる夢を、番組が知恵を絞って実現していく。

 番組公式サイトなどで“かなえたい夢”を募集したところ、日本全国の老若男女から、ささやかな夢から壮大な夢まで5000件を超える夢が集まった。その中の一つが「夫を木村拓哉に会わせてあげたい」というもの。応募した女性の夫は、木村が美容師役を演じ、平成最高の視聴率41.3%(放送当時。ビデオリサーチ調べ)を記録した大人気ドラマ「Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』がきっかけで、自身も美容師を志した。自身が開業した美容室の名前を、劇中で木村が働いていたサロンと同じ「HOT LIP」にしたほど、熱狂的な木村のファンだという。

 「家族のため、自分の夢を実現するために働いてきた夫を、大好きな木村拓哉さんに会わせてあげたい」と、何年も番組に応募し続けてきたという女性。そんな彼女の熱く優しい思いを木村に伝えたところ、出演を快諾しただけでなく、なんと2人のために数々のサプライズを提案してくれた。

 そのうちの一つが、劇中に登場した美容室「HOT LIP」を完全再現し、一夜限りのオリジナルドラマを制作しようというもの。この夢の実現のために、木村演じる主人公・沖島柊二の同期の人気美容師・川村悟役の西川貴教、柊二の後輩でアシスタント・岡部巧役の池内博之、そして柊二の同僚・小沢真弓役の原千晶が、23年ぶりに集結した。

 23年前に切磋琢磨(せっさたくま)したスタッフも集合。奇跡的に残っていた当時の手描きの図面を基に、「HOT LIP」を再現。キャスト・スタッフが、最強のドリームチームで夢をかなえていく。そして、数々の名シーンを生んだ「HOT LIP」を舞台に描かれる、一夜限りのオリジナルドラマの脚本を担うのは、なんと北川悦吏子氏。当選者夫婦の人生の指針となった「Beautiful Life」が23年振りに動き出した時、一体どんな感動が沸き起こるのか。

 スタジオゲストには、この夢の仕掛け人の1人である北川氏が脚本を手掛ける1月17日スタートの連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(火曜午後10:00)に出演する、永瀬廉(King & Prince)と松本若菜が登場。そのほか、関根勤、指原莉乃、山里亮太(南海キャンディーズ)など、バラエティーに富んだ面々がビッグプロジェクトの行方を見守る。

 木村は今回のオファーを受け、「自分にお話をいただいた時、まず思ったのは、さんまさんと玉緒さんの番組に久しぶりに出演するからには、中途半端なことはできないなということ。特にこの『夢スペシャル』って、自分が参加していない時も見させてもらっているんですが、毎回内容がすごく豪華で、感動的じゃないですか。だからこそ、自分に何ができるのかなと思ったんですよね。当選者の女性は、旦那さんを僕に会わせるのが夢だって言ってくれていたんですけど、“絶対にいけるところまで、いってやろう”と思いました(笑)」と気合が入ったことを明かす。

 続けて、「それで、本気でスタッフと話を詰めたんですよ。そうしたら、当時のスタッフやキャストが集結してくださって。それが僕自身はめちゃくちゃうれしかったですね。そして集まってくれた皆さんに夢に当選したお二人が加わった今回、『Beautiful Life』の世界観で“遊べた”っていう。『夢スペシャル』と『Beautiful Life』の混合チームで動いた結果、ものすごいことになってしまいました。これがテレビの本気です!」と力を込める。

 加えて、「収録前後に、至るところで何度も拍手が起きるような感動的なシーン、幸せになる瞬間が盛りだくさんになっていると思います。23年前のドラマ『Beautiful Life』をリアルタイムで見ていた方たちには、当時を懐かしんで楽しんでいただけると思いますし、見ていなかった方たちも、もしよければ一度ドラマを見てからこのプロジェクトを見ていただきたいですね。そうしたら、人物造形やセットの再現度合いなど、さらに楽しんでいただけると思います!」と自信を見せている。

 西川は「こんなにすてきな機会に立ち会わせていただいたことに、まずはすごく感謝します。23年という時間経過があったことで、私自身、あの当時と比べてだいぶ大きく変化してしまいました(笑)。でも今回は、そんな自分の変化も受け入れて、考慮していただけたことがうれしかったです。そして何より、キャストやスタッフの皆さんとお会いできたことが非常にうれしかった。『Beautiful Life』の思い出が、また一つ増えました」と充実した時間となった様子を見せた。

 池内は「この企画を聞いた時、まず企画自体がめちゃくちゃ面白いなと思って、絶対に参加したいと思いました。もちろん、『HOT LIP』のメンバーと久々に会えることもうれしかったですし、今回の企画に立ち会えることにもワクワクしました。実際に今日、メンバーの皆さんと会えて、すごい瞬間に立ち会えて、本気で泣いてしまいました」と久々の対面に感激したことを伝える。

 原は「私が演じた真弓は、世が世ならもう大炎上していたであろう役だったんですよね。当時、作品を見ていない方に向けて説明しますと、もう意地悪の極みみたいな役だったんですよ。…私と、西川さん演じる悟も(苦笑)」と過去の役柄を振り返りつつ、「なので今回、声をかけていただいたときには“出演していいのかな”という思いはあったんです。でもそれ以上に、みんなに会えることが楽しみでした。そして今日来て本当によかったです。今回の企画に立ち会えて、あらためて夢を持って生きていくことって大切だなと思いました」と話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.