News ニュース

大地真央が「ハマる男に蹴りたい女」で藤ヶ谷太輔の母に2022/12/22

大地真央が「ハマる男に蹴りたい女」で藤ヶ谷太輔の母に

 大地真央が、テレビ朝日系で2023年1月14日にスタートする連続ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」(土曜午後11:00)に出演することが分かった。主演のKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が演じる設楽紘一の母・しま子を演じる。

 「ハマる男に蹴りたい女」の原作は、「逃げるは恥だが役に立つ」「東京タラレバ娘」「パーフェクトワールド」などのヒット作を生み出し続ける人気コミック誌「Kiss」(講談社)で連載中の天沢アキ氏による同名コミック。

 人生の沼にハマッた元エリート管理人・設楽が、ひょんなことからレトロな下宿の管理人となり、そこで最低最悪な出会いを果たした住人のズボラ女子・西島いつか(関水)に振り回されることに。一緒に生活するうちに、お互い相手のことが気になり始める2人だが、これまでエリート人生を歩んできた管理人と、何かと彼に突っかかるズボラ女子は、なかなか素直になれない。“人生の沼にハマッた元エリート管理人”דズボラお仕事女子”が繰り広げる、何ともじれったい“オトナの一つ屋根の下ラブ”が、新たな“キュン旋風”を巻き起こす。

 大地が扮(ふん)するしま子は、大手飲料メーカー「カヅキビール」の元エリートから下宿「銀星荘」の管理人へと転身を遂げる紘一の母で、自身も日本を代表するカリスマ経営者だ。どんな母親像を体現し、藤ヶ谷とどんな親子関係を見せてくれるのかに注目だ。

 しま子は、夫を交通事故で亡くした上に、借金を抱えたものの、ある日一念発起して意外な商才を発揮すると、1代で日本を代表する食品メーカー・設楽グループを築き上げた。大企業で働く息子は、そんなしま子の自慢だった。

 エリート街道をひた走るわが子を誇らしく思っているが、設楽が人知れず退職し、下宿の管理人として新たな一歩を踏み出したことを知った時、果たしてしま子はどのような反応を示すのか?


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.