News ニュース

【ベストアーティスト2022】BE:FIRSTが新衣装で「Bye-Good-Bye」をパフォーマンス。SOTAの珍発言にツッコミも!?2022/12/03

 日本テレビ系では本日12月3日に、櫻井翔が総合司会を務める音楽の祭典「ベストアーティスト2022」(午後7:00)が放送された。SNSで話題のKing & Princeの「ichiban」を含むダンスメドレーで幕を開けた今回は、Ado、BE:FIRST、LE SSERAFIMら今年の音楽シーンを彩ったアーティスト38組が集結。一世を風靡(ふうび)したブラックビスケッツが20年ぶりに復活を果たしたほか、今年25周年を迎えたKinKi Kidsや、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPらも、4時間にわたる生放送を盛り上げた。

 午後8時台に「Bye-Good-Bye」をパフォーマンスしたBE:FIRSTは、パフォーマンス直後にインタビューに応じた。

 「Bye-Good-Bye」について、LEOは「今年たくさんの人に聴いていただいたので、あらためてもう1回(番組に)呼んでいただいたからには、素晴らしいパフォーマンスをと思って、特別な衣装で特別な『Bye-Good-Bye』を届けられたと思いますし、すごく幸せな気持ちでいっぱいです」とコメント。今回は、白い初衣装でパフォーマンスしたBE:FIRST。普段はあまり着ない白い衣装について「LEOくんの髪色が目立ってました! 白なのでピンクが映えていましたね」と言うSOTAに、LEOが「そこ~!?」とツッコみ、笑いを誘った。新衣装に楽屋では「いろんな動画を撮った」「新鮮だなと思いました」とMANATO。

 また、今年1年を振り返る場面では、JUNONが「今年1年目なんですが、1stアルバムを引っ提げた全国ツアーでたくさん成長できているので、ここまで応援してくださった皆さんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とファンへの感謝を口にした。

 さらに、「年末はたくさん楽しみなことがある。みんなでご飯にいきたい」と話したRYOKIは、来年に向けて、「次からは2回目っていうステージも増えてくると思うので、そこで1年目に学んできたことを生かして、また新たな自分たちで2回目のステージに立ったりできたらなと、ずっと心で思っております」と抱負を語った。

 最後に、受験を控えた高校生へ、自身も現役高校生であるRYUHEIが「勉強とかに悩んでいる方に、一緒に頑張っていこうってメッセージを届けたいですし、『Bye-Good-Bye』という楽曲を通していうと、別れや出会い…入学式や卒業式があると思うんですが、ポジティブに捉えてもらえたらいいなと思います」とメッセージを送った。

 

 


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.