News ニュース

V6・坂本昌行が今年も「トニー賞授賞式」に登場! パフォーマンスも披露2018/05/08

 V6の坂本昌行が、WOWOWプライムで6月11日に独占生中継する「第72回トニー賞授賞式」(午前8:00)のスペシャル・ゲストとして参加する。同賞は、過去1年間の該当期間にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られ、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。WOWOWでは、スタジオ・ナビゲーターに井上芳雄と乃木坂46の生田絵梨花、WOWOWトニー賞・アンバサダーに宮本亜門を起用して、同賞の中継を盛り上げる。

 2017年、坂本は同局「トニー賞直前SP」の番組ロケでニューヨークを訪れ、いくつかの作品を観劇し、ブロードウェイの熱気と感動をリポート。授賞式当日は、日本のスタジオに生出演し、大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(17年)の歌とパフォーマンスで、オープニングを飾った。そして、18年も再びニューヨークを訪れ、ノミネーション作品を観劇するほか、授賞式当日の放送で披露するパフォーマンスを準備するという。

 坂本は「最多ノミネート作品がどう観客の心に刺さったのか、非常に興味があります。さらに現地では、授賞式で放送するスペシャルパフォーマンスも収録することになり、なかなかない経験ができるうれしさと、それを上回る緊張を感じていますが、自分の引き出しを増やすチャンスなので誠心誠意ぶつかって、いいものをお届けしたい」と意気込んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.