News ニュース

「記憶捜査3」メインビジュアルが完成。第1話ゲストも解禁!2022/10/27

 テレビ東京で11月4日からスタートする金曜8時のドラマ「記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~」(金曜午後8:00。初回は2時間スペシャル)のメインビジュアルが完成した。絵画風のタッチで描かれた新宿の街並みを背景に、新宿東署のメンバーが集合。「記憶捜査」らしい力強さの中にも温かみのある迫力ある絵柄となっている。さらに、第1話のゲストとして、中山忍、勝村政信、吉井怜の出演も発表された。

 本作は、これまで「金曜8時のドラマ」枠で2019年にシーズン1、20年にシーズン2が放送され、スペシャルとしても2回オンエアされた人気シリーズ。定年間近に起きた事件でけがを負い、車いす生活となった敏腕刑事・鬼塚一路(北大路欣也)が人並み外れた詳細な「街の記憶」を武器に、「昭和」と「平成」二つの時代のイメージを呼び起こしながら、「令和」に起こる難事件を解決していく。

 第1話では、ある町工場で爆発が起き、社長が死亡する事件が発生。中山はその社長の妻・島谷ゆり子を演じる。「とてもやりがいのある楽しい撮影でした! 台本を初めて読んだ時『え!!』と思わず声が出てしまったくらい大きな衝撃を受けました。そして、なんて面白いんだろう、こんなセリフ言ったことない! ゆり子さんという女性をどんなふうに演じようか、とワクワクしました」と笑顔で報告。

 また、「現場での北大路欣也さんをはじめとするスタッフ・キャストの皆さんの和気あいあいとした雰囲気から『記憶捜査』が多くの方々に愛されている作品なんだと実感しつつ、挑戦するように伸び伸びと演じることができたことを感謝しております。皆さまぜひともご覧くださいませ!!」とメッセージを寄せた。

 勝村が演じるのは、古くから工場に勤める従業員・友川誠。「素晴らしいチームでした。北大路さんとはまたぜひご一緒させていただきたいと思っていたので、本当にうれしかった。北大路さんは、いつも全体をリラックスさせてくださるので、自然にチームに入っていくことができました。この素晴らしい現場に長く関われたことは、本当に幸せでした」と大先輩との共演への喜びを述べた。

 そして、「この『記憶捜査』は、とても異彩を放った刑事ドラマなので、複雑な伏線がたくさんあり、スリリングなやりとりを楽しめました。ゲスト全員が、みんなリアルに怪しいので、誰が犯人なのか、推理しがいのあるドラマです。ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」とコメント。

 吉井は死亡した社長の浮気相手として捜査線上に浮上する甲野真奈美役で登場。「人気シリーズ作品に参加できるうれしさと緊張がありましたが、『記憶捜査』の俳優、スタッフの皆さまのチームワークが素晴らしく、またアットホームで物語の緊迫感とは反対に現場はいつも楽しくてクランクアップを寂しく感じるほどでした」と撮影を振り返る。

 加えて、「私はインパクトある登場シーンになると思いますが、どのシーンも思い出深く、皆さまに支えられ演じる楽しさを感じながら、刺激あるとても充実した日々でした。台本を読み驚きの展開にワクワクした作品。私自身、放送を楽しみにしています。この難解な事件を、ぜひ推理しながら最後の最後までお見逃しなく!!です」と視聴者にアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.