News ニュース

趣里、「サワコ ~それは、果てなき復讐」の撮影でインティマシー・コーディネーターの存在に「とても安心感がありました」2022/09/17

 BS-TBSで10月2日にスタートする連続ドラマ「サワコ ~それは、果てなき復讐」(日曜午後11:00)の記者会見が開かれ、主演の趣里、共演の深川麻衣、小関裕太らメインキャストが参加した。

 ドラマの原作は、井上ハヤオキ氏の人気電子コミック。主人公・深井サワコ(趣里)が、元同僚・音川マチカ(深川)の人間関係に侵食し破壊していく、愛と復讐(ふくしゅう)に彩られたラブホラーサスペンスだ。マチカの恋人でサワコの元恋人・八田雪斗に小関が扮(ふん)し、マチカの弟・音川健介を曽田陵介、マチカの高校時代の同級生で刑事の大津慎司を庄司浩平、健介の美術学校の同級生・五十嵐ノノを平井亜門が演じる。

 性的描写のある場面の撮影では、俳優をケアするインティマシー・コーディネーターをBS民放ドラマとして初めて導入。これに関して、趣里は「事前に監督からの具体的な意図や絵コンテを見ることができるので、現場に行って『え? そういうことをするの?』がないです。性的シーンは緊張するものだけれど、インティマシー・コーディネーターの方が現場に来てくださって心強くケアしてくれるので、とても安心感がありました」と新たな取り組みへの、俳優としての感想を述べた。

 ドラマは現在撮影中で「内容的には楽しいとは言い難いドラマですが、撮影は毎日楽しくて、作品からは想像ができないくらい穏やかな現場」と趣里。

 小関のことを“神(シン)”と呼んでいるそうで、「ほかの現場で小関さんは小関神と呼ばれていて、本当に神のようなお方。小関さんが現場にいるとみんなが幸せになれます。もはや神と呼んでいます」と報告した。

 これに対して、小関は「神と呼ばれるのは照れ臭い。気付いたら現場で神という名が浸透していて、小関とは呼ばれずに神と呼ばれる珍しい現場です」と少々困惑してつつも、笑顔を見せた。

 深川は「同世代の趣里ちゃんとは共通点が多く、いつかご一緒したいと思っていました。この学年の方はなかなかいないし、20歳から芸能界の仕事を始めたという道のりも私と似ていて、シンパシーを感じています」と初共演を喜んでいた。

 なお、原作のストーリーを生かした前半とは変わり、完全オリジナルストーリーとなる物語の後半から加わるキャストとして、長尾卓磨、松本怜生、中澤実子の出演も決定。3人が演じるのは、11月6日放送・第6話から登場する、富裕層の一家・藪池家の父・藪池徹、息子・藪池優一、娘・藪池瑞希。さらなる復讐が加速する後編戦にも期待大だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.