News ニュース

小池栄子&桜井玲香&中川大輔がお笑い好き家族に! 新スタイル番組でかが屋、空気階段、ハナコらがネタを披露2022/07/21

 NHK総合では、7月30日の「レギュラー番組への道」(午後11:30)内で、お笑いインスパイアドラマ「ラフな生活のススメ」を放送。小池栄子、桜井玲香、中川大輔が出演することが分かった。

 本作は、「お笑いをこよなく愛し、お笑いに支えられ、お笑いで人生が動かされる」…そんな家族の物語を楽しみながら、同時にお笑いネタや芸人の魅力を味わえる、新感覚ドラマであり、新しいスタイルのお笑いネタ番組だ。脚本は、お笑い芸人として活動する傍ら文芸誌で小説掲載を果たし、作家としても注目されるAマッソの加納愛子が担当。今回、初めてドラマの脚本に挑戦する。

 ドラマとお笑いのネタを掛け合わせた新しい試みの同番組のために、生粋のお笑い好きである俳優3人が集結。クズ芸人好きの母親・福池恵美役を小池、お笑いオタクの娘・未来役を桜井玲香、2人の影響を受けてお笑いに興味を持ち始めるちょっと頼りない息子・正門役を中川が務め、お笑いへの温かい共感をもってそれぞれの役を演じる。

 お笑いが大好きな、天然ボケで「ラフ」な性格の母(小池)と、そんな母に小気味よくツッコミを入れるオタク気質な姉(桜井)。両親の離婚後しばらく父のもとで暮らしていたが、数年ぶりに母・姉と同居することになった弟(中川)。常に「お笑い」中心の日常をおくり、お笑いに振り回されているような母と姉との生活に弟は戸惑うが、「お笑い」がやがて3人の家族の生活にポジティブな影響を与えていくことになる。

 ドラマのストーリーの合間にはお笑いネタが登場し、ドラマのストーリーとネタの内容が巧みに融合。Yes!アキト、かが屋、空気階段、ジェラードン、ハナコ、ぱーてぃーちゃんら旬な人気芸人たちが、番組のためにネタを披露する。

 小池は「これは、ドラマもお笑いネタも線引きすることなく、エンターテインメントとして一緒のものなんだということを教えてくれる番組です」と説明し、「家族の生活の中にお笑いネタが絡んできて潤滑油のようになります。そんな家族と笑いの組み合わせって本当に幸せだな、平和だなと思いながら演じました」と感想を語る。

 そして「『笑う』というのは人のパワー、癒やしになる。このドラマを通じてそう思って救われる人がいたらいいなと思います。いつかこのドラマの中で大好きなクズ芸人さんたちと絡みたい(笑)」と期待している。

 桜井は「お芝居をしつつお笑いネタも見ることができて一度で二度おいしい思いをしました。芸人さんのネタがただ楽しいだけでなく、ドラマの登場人物の心情にリンクしていたりして、今までに見たことがないような新しい番組です。小池栄子さんも中川大輔さんもとても優しい方で、すんなり家族という雰囲気を作ることができて、心地よかったです」と楽しんだ。

 中川は「直接的でないにせよ、大好きな芸人さんたちと同じ番組に出ているということがすごくうれしかった。お笑いが人の人生を変えることがあるんだなというのを感じられて、そこがすごく気に入っています。笑いにあふれた生活ってすてきだなって思えるドラマになっていると思います」と見どころを伝える。

 加納は「初めてのドラマ脚本で、恐れ多く不安でしたが、お笑いが好きなスタッフさんと企画の段階から一緒にアイデア出しをさせていただけたのがとても楽しかったです。この番組では、お笑いネタとドラマが分断することなくうまく絡み合うことで、日常に笑いが浸透している感じを出したいと思いました。温かくて、明るく、前向きになれる番組です。私の普段の芸風は1回忘れていただき、ご家族でぜひ楽しくご覧いただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.