News ニュース

中居正広がチェアマンの「タイムリミットバトル ボカーン!」第2弾が今夜放送。坂口健太郎、中島裕翔らが集結2022/07/04

 フジテレビ系では本日7月4日に「夏の番組対抗 タイムリミットバトル ボカーン!」(午後7:00)を放送する。同番組は、同系の人気番組に出演する豪華出演者たちが一堂に会し、賞品を懸けて10秒…20秒…60秒など超短尺で勝敗が決まる、タイムリミットゲームで競い合うゲームバラエティー。番組進行を行う“チェアマン”を中居正広、マネジャーを吉村崇(平成ノブシコブシ)が務める。

 今回は、「競争の番人」(7月11日スタート 月曜午後9:00)から坂口健太郎、小池栄子、大倉孝二、寺島しのぶ、加藤清史郎が、「純愛ディソナンス」(7月14日スタート 木曜午後10:00)から中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、吉川愛、髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、佐藤隆太が、「トークィーンズ」(木曜午後11:00)からアンミカ、池田美優、ファーストサマーウイカ、福田麻貴(3時のヒロイン)が、「めざましテレビ」(月~金曜午前5:25)から三宅正治アナウンサー、井上清華アナウンサー、生田竜聖アナウンサー、阿部華也子が参戦する。

 番組では、中居、吉村が出演者たちと深掘りトークを展開していき、意外な素顔、番組を超えた関係性などに迫っていくところも見どころ。一緒にいる時間が長い共演者同士だからこそ知る素顔や本音に、中居と吉村が迫っていく。

 ゲームでは、チームの代表者1人が高さ5mのタワーの上に立ち、チームメートのアドバイスを受けながら2択問題に挑む「2択ブリッジ」や、チーム全員で制限時間内に三つのゲームをクリアできるかを競う「メドレーリミット」など、個人の能力だけでなく、チームワークが試されるゲームが続々登場する。

 「春の番組対抗 タイムリミットバトル ボカーン!」が好評を博し、このたび第2弾の放送が決定したことに、中居は「番組が続くといいなと願っても、簡単にできるものじゃないので第2弾が決まってうれしかったです。長時間の収録でしたが、出演者の皆さんが参加してくださってありがたいです」ととてもうれしそう。吉村も「第1弾から放送時間が1時間も長くなって、今回は3時間も放送しますので、好評だったんだなと感じています。チェアマン、マネジャー、サブマネジャーの息も合ってきましたので、今回も手応えしか感じていません! 間違いなく、3回目、4回目と続いていくと思います!」と長寿化を期待している。

 さらに、それぞれのチームについてもコメント。

 「競争の番人」チームに関して、「バラエティー番組でゲームをするという機会が少ないであろう、坂口さんたちが汗をかいてやってくださったり、楽しいトークをしたりできました。僕たちがドラマや映画などで見ている姿とは違う、皆さんの一面に注目してください」(中居)、「皆さん素晴らしかったですけど、小池(栄子)さんの伝説的なプレーが印象に残っています」(吉村)とアピール。

 「純愛ディソナンス」チームには、「(ドラマ『婚カツ!』で共演した)(佐藤)隆太くんと久々に会えてうれしかったです」(中居)、「いろいろなストーリーが生まれたチームなので、視聴者の方にも注目していただきたいです。あと、(中島、髙橋の)“Wゆうと”の掛け合いも見どころです」(吉村)と述べた。

 「トークィーンズ」チームには「僕らが表で、裏で『トークィーンズ』チームが番組をコントロールしてくれるのかなと期待していたんですが、裏切られました(笑)。番組を回すなんて眼中にないくらい、熱心にゲームに参加していた姿が印象的です」(中居)、「チーム、じゃじゃ馬!(笑)。唯一、2連続参戦のアンミカさんのリーダシップに注目です」(吉村)と笑顔を見せる。

 そして、「めざましテレビ」チームに関しては、「三宅アナが頑張ってくださっていました。朝の生放送を終えて、リハーサルをして…ありがたいです。けがだけはしないように気を付けて、と見守りました。誰もけがをせずに楽しく収録できたので、ぜひご覧いただきたいです」(中居)、「三宅アナが珍しく体を張ってくださって(笑)。三宅アナを中心に番組を盛り上げてくださいました!」とベテランアナウンサーの労をねぎらった。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.