News ニュース

ディーン・フジオカ主演「パンドラの果実」Season2のメインビジュアルが公開2022/06/19

 日本テレビ系で放送中の「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」(土曜午後10:00)。6月25日の地上波放送終了後から、Huluでは「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」Season2(全6話)の配信を開始。本作の新たな魅力を凝縮したメインビジュアルが解禁された。

 ディーン・フジオカが主演を務めるドラマの原作は、中村啓氏の「SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦」(光文社文庫)。最愛の妻を亡くした警察官僚・小比類巻祐一(ディーン)と科学界を離れた天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)が、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当し、科学犯罪対策室に託された法整備や警察機構の対応が追いついていない“不思議で不可解な事件”を、ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)と共に、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく。

 Season2では、地上波をさらに上回る未曾有のスケールで“激震の第二章”を克明かつスリリングに描写。小比類巻&最上、長谷部ら警察庁「科学犯罪対策室」のメンバーが、「ゲノム編集」「クローン」「不老不死の科学」「人体凍結保存」など、最先端科学が巻き起こす“まったく新しい事件”、さらにその裏で極秘裏に糸を引く多国籍テクノロジー企業「ライデングループ」×国家機密の極秘計画と、禁断の不老不死構想に敢然と立ち向かっていく。かつてない衝撃と感動が交錯し、ますます目が離せない展開が待ち受ける。

 Season1では小比類巻&最上&長谷部の3人で構成されていた科学犯罪対策室だが、Season2からは吉本実憂演じる新人捜査官・奥田玲音も加わり、さらにパワーアップ。また、これまで小比類巻に貴重な極秘情報を多数提供してきた厚労省課長・三枝益生(佐藤隆太)も、国家レベルの腐敗に進退を懸けて本気で立ち上がる。メインビジュアルも前回の3人バージョンから進化し、新たな捜査の柱となる5人がズラリと並んでいる。

 さらに、Season1でもおなじみのキーアイテム=四角いリンゴと併せ、彼らの背後にはSeason2で扱う科学犯罪にまつわるキーワードも配置。それぞれ何かを見据えるキャスト陣の意味深な表情も相まって、“とんでもない事件”が起こるのでは…というゾワゾワした予感、そしてエンターテインメントの観点からも“とんでもない新章の誕生”を予期せずにはいられないワクワク感を存分にかき立てるメインビジュアルとなっている。

 この先、新たな大敵となる「ライデングループ」の登場により、極限の戦いに身を投じていくことになる科学犯罪対策室。果たして彼らを待ち受ける波乱の運命、人類と科学の未来とは…?

 Season2・第1話では、元少年犯罪者の交通誘導員・別所が突如として凶暴化。超人的な怪力で5人を惨殺した直後、力尽きたように絶命する事件が発生する。室長の小比類巻、アドバイザーの天才科学者・最上、刑事の長谷部ら「科学犯罪対策室」に、新メンバーの奥田も加わり捜査を開始。別所は半年前、医師で研究者の九竜(升毅)からワクチン接種を受けていた。実は九竜は最上の恩師で、現在はテクノロジー企業「ライデングループ」の研究機関に所属していた。同社の日本支部を訪ねると、九竜は事件と同時に失踪していた。小比類巻は九竜の研究内容を調べ、最上には遺体のDNA鑑定を任せる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.