News ニュース

筧美和子が「イケメン共よ メシを喰え」に主演。食欲と乙女心を刺激する新感覚グルメドラマが誕生2022/06/10

 テレビ大阪とBSテレ東では、7月9日から真夜中ドラマ「イケメン共よ メシを喰え」(テレビ大阪=土曜深夜1:00、BSテレ東=土曜深夜0:00)がスタート。筧美和子が主演を務めることが分かった。

 これまで「面白南極料理人」「名建築で昼食を」など注目を集める作品を放送してきた土曜深夜の「真夜中ドラマ」枠。本作の原作は、漫画家・東田基氏が描いたコメディー漫画で、毎話タイプの違うイケメンがご飯を食べる姿をおかずにご飯を食べるという、ちょっぴり変わった女性の日常を描く。

 乙女ゲーム愛好者でイケメンをこよなく愛する主人公・池田好美(筧)は文芸誌の編集者。超少食で食べることが苦手だが、急きょグルメ誌を担当することになる。食に全く興味のなかった好美だったが、イケメンの新人社員と食事をした時に才能が開花。彼女はイケメンと食事をするとムラムラし、食欲が増進するのだった。初めて食欲を感じた好美は少食改善のため“イケメンごはん”を追求することを誓う。

 筧は「夜遅めの時間にグルメドラマを見る機会が増えてきた最近。そんな中でこのお話をいただいて、“食”に“イケメン”にぜいたくなドラマな上に、登場人物がおかしな人ばかりで愛らしく、とてもワクワクしました」と作品の印象を語りつつ、「私が演じる好美はイケメンオタクであり、仕事熱心であるが故に食に対する欲が湧かないという…超少食な人物です。イケメンが食べている姿を見ることで食欲に目覚めた好美の熱量そのままに、食に没入し豪快に食べる姿を見せられたらと思います。好美の妄想シーンや心の声も多くなっているので、存分に暴れていきたいと思います!」と意気込みをのぞかせた。

 そして、好美の才能に火をつけるイケメン社員・細見賢人役を務めるのが井上祐貴。井上は「イケメンをおかずにメシを食う。びっくりです。僕の感覚からすれば新感覚すぎる食コメディーです。原作のあの世界観がドラマとして映像化されるとどうなるのか、今からとても楽しみです。そしてグルメドラマにずっと出演してみたかったこともあり、こんなすてきな機会をいただけたことが、とてもうれしいです。主人公の好美先輩にはもちろん、見てくださる方の食欲と乙女心を刺激できるように食べ方を日々研究し、撮影に挑みます。放送をぜひ楽しみにしていてください」とメッセージを寄せた。

 さらに、竹中直人が、ショートパンツを愛用する個性的な雑誌編集長・小路新に扮(ふん)する。竹中は「ナマステ〜♪『イケメン共よ メシを喰え』に参加させていただきます竹中直人です。今回の僕の役は雑誌の編集長です。ショートパンツをはいた、かなりいかれた若作りおじさん(じじい)を演じさせていただいております。なんと役名も、小路!!! それに、さんをつけられると何とおじさん! うお〜!!!」と独特の役柄に興奮気味で、「筧美和子さんとも久しぶりの共演! 筧さんはとても美しくキラキラしていて、筧さんからたくさんのエネルギーをいただきながら、撮影現場で“自由”という言葉を胸に頑張ります」とベテランらしく気負いのない様子を見せている。

 原作の東田氏は、ドラマ化にあたり、「ドラマ化の話をいただいた時、動いて食べる好美たちに会えるのだと思うと、震えるほどうれしい気持ちでした。素晴らしいスタッフ、俳優の皆さまが『イケメン共よ メシを喰え』の世界をドラマの中で作り上げてくださることを心待ちにしています。この世界をたくさんの方に楽しんでいただけましたらとてもうれしいです」とのコメントしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.