News ニュース

菊地凛子、関智一、山中崇、福地桃子、シルビア・グラブが「鎌倉殿の13人」に出演2022/06/09

 菊地凛子、関智一、山中崇、福地桃子、シルビア・グラブが、NHK総合ほかで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜午後8:00ほか)に出演することが分かった。

 三谷幸喜が脚本を担当する本作は、源頼朝(大泉洋)の妻となる北条政子(小池栄子)の弟・北条義時(小栗旬)を主人公に、地方の豪族から頼朝の第一の側近となった義時が、その後いかにして頂点にのぼりつめたのかを、鎌倉幕府を支えた武士たちの姿を絡めて描くもの。

 菊地は執権にのぼりつめる北条義時の第三の妻・のえ役、関は朝廷の実力者で後鳥羽上皇(尾上松也)のために策をめぐらせる・土御門通親役を演じる。

 「まさか『鎌倉殿の13人』に私が出させていただけるとは想像もしておりませんでした! 一視聴者として単なるファンでしたので、まだまだ実感が湧いておりません…」と率直な心境を明かす菊池は、「私の中での、のえさんは、女性であることをある種楽しんでいる、素直な女性だと思います。真意を隠しているよりも、これくらいが小気味良い! 気持ちが良い! そんな印象です。それが今後どう化けるのか? はたまた特に化けずにこのままわが道を行くのか? とても楽しみでしかたがありません」と役柄を分析し、撮影を心待ちにする。

 そして、「小栗さんをはじめとするすてきな皆さまの中に飛び込み、のえとして生きる時間が楽しみでもあり緊張でもあります…。とにもかくにも一つ一つのセリフを丁寧に大切に、この最高なドラマの中で生きられる喜びを感じながら演じていきたいと思います」と気合を入れている。

 関は「以前、大河ドラマ『草燃える』で仲谷昇さんが演じられているのを拝見していたので、役名をうかがってすぐ、ピンときました。と、同時にプレッシャーも感じましたので(笑)、ただちに関連書籍を購入し、自分なりに勉強しました。『鎌倉殿の13人』は初回から拝見していたので、この世界に自分が生きられることもうれしく思い、撮影日までワクワクして過ごしました」と心境を明かしている。

 また、北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)の娘婿で、北条の娘との結婚が悲劇を呼ぶ平賀朝雅役を山中、北条泰時(坂口健太郎)の幼なじみで、後に泰時の愛妻となる初役を福地、政子と対決する大政治家・藤原兼子をシルビアが務める。

 山中は「『品はいいんだけど、うさん臭い』『おフランス帰り』。そのように三谷さんから役のイメージを言われました。『色悪(いろあく)を意識してやってください』とも。色悪とは歌舞伎の役柄で、外見は二枚目、性根は悪人のことをいいます。『え、僕、決して二枚目では…』と申したところ、『それを山中さんがやることが面白い』とおっしゃっていました」と三谷とのやりとりを伝え、「いただいた役のイメージを表現できるよう、そして作品にとってのいいスパイスとなるよう努めます」と意気込みを語る。

 福地は「この時代を生きた姿、心を想像して何を伝えていくのか大切に、楽しみながら今回参加したいと思っています。初という役を演じている中で、育ての母である八重さんのおもかげをとても感じます。泰時さんを支えていく強さと優しさが共存している初を通して、皆さまに楽しんでいただけますように精いっぱい向き合いたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします」と意欲をにじませている。

 シルビアは「後鳥羽上皇を育て、鎌倉時代にかなり力を持っていたとされる藤原兼子。政治にも助言し影響力があったそうです。北条政子もそうですが、この時代の女性はかなり強いと感じています。舞台では、西洋の強い女性をたくさん演じてきましたが、今回は日本の鎌倉時代。たくさんの方々のご指導を受け、個性的なキャストの中で、少しでも兼子としての印象を残せるよう頑張りたいと思います」と抱負を述べている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.