News ニュース

「やんごとなき一族」が本日スタート! 土屋太鳳&松下洸平らのコメントが到着2022/04/21

 フジテレビ系では本日4月21日に、連続ドラマ「やんごとなき一族」(木曜午後10:00、初回は15分拡大)がスタート。放送を目前に控え、主演の土屋太鳳をはじめとする出演者たちからコメントが到着した。

 ドラマの原作は、「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかり氏の同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(土屋)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、夫・深山健太(松下洸平)と共に真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”だ。土屋、松下のほか、尾上松也、松本若菜、渡邊圭祐、松本妃代、馬場ふみか、倍賞美津子、木村多江、石橋凌らが顔をそろえる。

 土屋は「コメディー要素もありつつ、演じてみて実感したのは、佐都自身には笑顔がほとんどないんです。驚いたり悩んだり憤ったり傷ついたりで、表情も固くなりがち。でも、キャストの方々やスタッフさん方が心強く向き合ってくださって、本当に救われてます! この感謝を少しずつでも返したい!」と明かしつつ、「この現場には何か圧倒的なパワーがあるんです。“最高の何か”と“最低な何か”が共存する世界だからかも。実は、多くの人が感じてきた“共通の疑問や憤り”が描かれている、身近な物語でもあるような気がします。ぜひ佐都たちと一緒に、やんごとなき未来を切り開いてください!」とメッセージを寄せた。

 松下は「圭一役の石橋凌さんと音楽のお話をさせていただく時間がとても幸せです。ご自身の音楽ルーツや好きなバンドの話など、いつもカメラが回る寸前までお話しさせていただいています」と大先輩とのエピソードを披露し、「豪華絢爛(けんらん)な世界と、そこに住む個性豊かな深山家の人々。“困難に立ち向かう夫婦を描く”だけではない、すべての人の心にそっと寄り添えるドラマになることを祈って、大切に演じています。やんごとない世界をぜひ楽しんでご覧ください!」と呼び掛ける。

 深山家の長男・明人役の松也は「初めて家族全員がそろったシーンの撮影の際は、何とも言えない興奮を覚えました。深山家で何が起こるのか予測不能なことばかりです。難敵ぞろいの深山家で、佐都がどのように困難を乗り越えていくのか、僕らも楽しみです。皆さまにもこのサスペンスを毎週楽しみにしていただけるように努めたいと思っております」と物語の展開に期待。

 明人の妻・美保子役の松本若菜は「深山家全員、強い思いを抱きながら上流階級を生きています。互いのベクトルは違えど、懸命に生きている姿は狂気的な一面もありますが、すがすがしささえ感じられるほどです。すがすがしさを通り越した潔さの持ち主・佐都と、彼女にほれた、これまた胸に強い思いを抱く健太との幸せな日々は訪れるのでしょうか!? 私は…邪魔しますわよ。うふふふ」とコメント。

 深山家の三男・大介役の渡邊は「とにかく明るい現場だなというのが率直な感想です。カメラが回ってない時に飛び交う言葉を、親父ギャグの要領で返答していくスタイルのカメラマンさんを筆頭に、ものすごく活気にあふれていてリラックスして撮影に臨めている気がします」と充実した撮影を報告し、「元から原作のファンだという方も、このドラマから『やんごとなき一族』を知るという方も納得して見ていただけるのではないかと感じるほど、随所にこだわりの詰まった作品が出来上がりつつあります。精いっぱい、原作の色を大切に演じさせていただいていますので、やんごとなき世界をお楽しみにお待ちくださいませ」と手応えをうかがわせる。

 大介の妻・リツコ役の松本妃代は「個性豊かなキャストの皆さんと、毎回“すご…”と声が漏れてしまうほどの衣装やロケーション、刺激的でやんごとない撮影の日々を過ごさせていただいています。豪華絢爛な世界の中で、それぞれの悩みや葛藤があり、コミカルな要素はもちろん、テレビの前の皆さんにも共感していただけるところがたくさんあるのではと思います」と見どころを伝える。

 深山家の末っ子・有沙役の馬場も「ドラマの中ではかなり殺伐としたやんごとない深山家ですが、現場では和やかな雰囲気で日々撮影をしています。特に深山家大集合の撮影は緊張感もありますが、毎回撮影に向かうのがとても楽しいです。ゴージャスで華やかな世界観と、とにかく個性の強い深山家の人々をお楽しみください!」と現場の雰囲気を報告。

 また、深山家当主・圭一の妻で、健太らの母である久美役の木村は「スタッフ陣はとにかく明るく笑わせてくださり、俳優陣も台本をさらに面白く演じていて、現場が活気と笑いにあふれています。権力の象徴である(圭一役の)石橋凌さんは怖い芝居をした後、私に『大丈夫?』といつも優しく接してくださいます。すてきすぎて、久美の役作りが変わってしまいそうです。ほかの皆さんの役作りも面白く、芝居合戦も見どころかもしれません」と充実した表情を見せる。

 そして、圭一役の石橋も「スタジオの深山家のリビングのセットに立った時、そのスケール感、ゴージャスさに一瞬、映画『マスカレード・ホテル』のあの温和な総支配人役が頭をよぎった。“いかん、いかん! 今回は深山家当主の冷徹で非道な圭一役で居なければならない”と思ったら、体温がスーッとダンダンと下がっていくのを感じた。それは、寒々としたやんごとなき一瞬だった。でも、ドラマ『やんごとなき一族』は温かい…いや、熱い作品になっています」と力強くアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.