News ニュース

「タダイマ!」新MCは宮脇憲一。 親しみやすい37歳のアナウンサーは気象予報士の資格も2022/03/27

 RKB毎日放送は3月17日に春季番組改編会見を開催。夕方の情報ワイド番組「タダイマ!」(月~金曜午後3:40、福岡ローカル)の刷新や、ゴールデン帯の自社制作番組「まじもん!」(水曜午後7:00、福岡ローカル)などを発表した。

 2020年9月にスタートした「タダイマ!」は3月28日から、メインMCの田畑竜介アナウンサーに代わって宮脇憲一アナウンサーを起用。08年入社の37歳で、20年には気象予報士の資格も取得している宮脇アナは、「10年ほどはスポーツをメインに担当。『タダイマ!』では受け持つコーナーもなく、どちらかといえば“出ていない方”のアナウンサーなので、(MC抜てきは)不思議な気持ちです。上司からは『脇が甘いところがいい』という褒め方をされまして、同僚からも『いじられ力、なめられ力がある』と言われており、親しみやすさが特徴なのかなと。MCといえば熱く頑張るか、冷静に進行するかなんでしょうけれど、意外に(気持ちの上では)普段着のままでいいのかなと、勝手に思ったりしています。福岡は夕方の情報・報道番組の大激戦区。私としては自然体の雰囲気を視聴者に楽しんでいただければありがたいです」と穏やかな口調で意気込みを語った。

 また、入社25年目の本庄麻里子アナウンサーも加わり、現在出演中の池尻和佳子アナウンサーと3人体制で進行する。新企画のほか、3月25日終了の情報番組「まちプリ」で好評だった「カレー探偵たける」や「コレ9(ナイン)」といった人気コーナーも“異動”して編成する。

 新番組「まじもん!」は、5月11日から放送開始予定。番組名には「本物・本当にすごい人」を取り上げるという意味と、「本気(まじ)で」「問(もん)題に切り込む」の意味が込められている。部署を問わず同局の総力を挙げて制作。取り上げるジャンルも、生か収録かの放送形態も制約を設けず、その時々に同局が「発信したいこと」を番組化する。

 ラジオでは3月28日から「田畑竜介 Grooooow Up(グローアップ)」(月~木曜午前6:30、福岡ローカル)を編成。田畑アナが午前9:00まで朝の2時間半を取り仕切る。3月30日からは「光ママ親子のはよ寝らんかラジオ」(水曜午後11:30、福岡ローカル)がスタート。しゃかりきが扮(ふん)する“光ママ”と“ヒロちゃん”親子が、親目線、子ども目線でリスナーの気持ちを代弁していく。木曜深夜には、「M-1グランプリ2021」ファイナリストのインディアンスを起用。「インディアンスの『ズじゃなくてス!』」(木曜午後11:30、福岡ローカル)と題して、3月31日から番組を開始する。 


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.