News ニュース

山口紗弥加×板垣李光人「シジュウカラ」第7話は前話の5年後の世界! 山口まゆと池内博之が登場2022/02/18

 テレビ東京系で放送中のドラマ24「シジュウカラ」(金曜深夜0:12)。本日2月18日放送・第7話(深夜0:22)からは、橘千秋(板垣李光人)の同居人として紺野みひろ(山口まゆ)、漫画編集者で綿貫忍(山口紗弥加)の元カレ・岡野克巳(池内博之)が登場する。

 原作は、女性から圧倒的支持を得ている漫画家・坂井恵理氏による同名コミック。40歳という節目を迎え、恋愛、仕事に悩みながらも“セカンドチャンス”に向き合う女性の人生を描いていく。第6話で、忍は千秋との関係を終わらせ、夫・洋平(宮崎吐夢)との離婚も決意したものの、洋平が倒れてしまい、その後の展開が気になるところで終了していたが、第7話ではそこからいきなり5年後の世界が描かれていく。

 洋平が倒れたことで離婚話は流れたものの、漫画家としてのキャリアは順風そのもの。しかし、忍はどこかマンネリ感を感じていた。プライベートでは息子が家を出ていき、夫と2人暮らしになり、忍は再び空虚な気持ちに。そんな中、忍は高校時代の元カレである漫画編集者の岡野と再会する。

 今回放送に先駆けて、シーン写真が解禁となった。45歳になった忍と28歳の千秋が写るカットだ。忍は岡野と楽しげに話しているシーンとなっており、千秋の方はこちらもみひろと談笑をしているシーンとなっている。忍と千秋がどのような結末を迎えるのか、そして、そのほかの登場人物たちの人生にも注目だ。

 さらに、ドラマを彩るオリジナル・サウンドトラックが、本日から順次配信中(https://linkco.re/YAtTbB9p)。ドラマの世界観がたっぷり詰まった全22曲となっている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.