News ニュース

さんま、近藤真彦に木村拓哉との豪華飲み会を提案2020/06/10

 デビュー40周年を迎える近藤真彦が、フジテレビ系で6月19日放送の「さんまのまんま35周年SP」(午後9:00=関西テレビ制作)にゲスト出演する。

 25年ぶり3回目の同番組への出演となる近藤は、黒柳徹子との食事会の時に、偶然明石家さんまと会ったエピソードを披露。また「10年間ずっと月に1回黒柳さんとご飯を食べている」と驚きの告白をする。

 それに対して、さんまが「それは事務所的に罰ゲームなの?(笑)」とツッコむと、近藤は「休みの日だったら、テレビよりももっとラフでいいと思うんですけど、いつもしっかりと黒柳さんの格好で…。クリスマスなんかもう…」と、テレビ以上の格好をしてきたクリスマスの出来事を明かす。

 また、ジャニーズ事務所の後輩の名前を覚えられるかという話題では「無理でしょ!」とぶっちゃける。さらに、一度さんまと飲みに行きたいという近藤に、さんまが「コロナが終わったら(飲みに)行こうか」と誘うと、「2人がダメだったら木村を入れて3人で」とさんま、近藤、木村拓哉という超ビッグなメンツで飲み会をする方向に話が進んでいく。

 収録を終えた近藤は「何をしゃべっていいのか分からない状況で、スタジオにパン!って入ったら、さすがはさんまさんです。『えっ! 昨日も会ったのかな?』っていう雰囲気でスパン!と入れてもらえた」とうれしそう。

 コロナ収束後の飲み会の約束には「お互いに仕事では見せない一面を持っていると思うので、そういうところで1人の男として飲み明かしたいなって思います。最初から2人だとアレですし、共通の友達が木村なんで。ぜいたくな共通の友達だけど」と3人での会食を楽しみにしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.