News ニュース

南キャン・山里亮太&オードリー・若林の「たりないふたり」地上波特番が決定2021/12/03

 南海キャンディーズ・山里亮太とオードリー・若林正恭による漫才ユニット「たりないふたり」。2人の最後の漫才ライブに、未公開の舞台裏映像がプラスされた「明日のたりないふたり 特別版」が、12月12日の1日限りで、全国の映画館で上映。映画館限定でのオリジナル画像での撮影タイムももうけられる。同日午後11:00からは、Hulu(https://www.hulu.jp/ashitano-tarinai-futari-special)とFANY(https://osaka-channel.hikaritv.net/)でもサブスク配信がスタートする。

 また、それに先立ち、12月11日には日本テレビほかで「たりないふたり~明日に向かって完結SP~」(午後1:30。関東ローカル、札幌テレビ)の特番放送も緊急決定した。

 今年5月31日に、2人にとっての聖地、東京・下北沢「北沢タウンホール」で行われた生配信ライブ「明日のたりないふたり」での“最後の漫才”をもって解散した「たりないふたり」。2009年にお笑いライブ「潜在異色」での結成以降、日本テレビ深夜番組やライブ、Huluなどを通じて漫才を披露してきた2人が、12年間におよぶコンビ活動に終止符を打った。

 そして、無観客での最初にして最後の漫才は、全国の「たりないふたり」ファンに生配信され、月曜の午後6:30という時間にもかかわらず、2万5000人ものファンが同時視聴。ライブ翌日から開始された見逃し配信も含めると、お笑いライブ史上最多(製作委員会調べ)の5万5000人超のファンがこのライブを体験し、ニュースやSNS上でも絶賛。多くの芸能人・著名人も視聴し、2人の魂を揺さぶる漫才についての感動を、さまざまなツールを通じて届けた。

 解散から約半年。「たりないふたり」ファンからの熱い要望を受け、「明日のたりないふたり 特別版」として、ライブ当日の開演前の2人の様子、そして終演後の緊迫の舞台裏など、ファン必見の未公開映像を追加して、全国の映画館で1日限定で、アンコール上映。コロナ禍で解散ライブがやむなく無観客となった中、ファン同士が同じ空間で、巨大なスクリーンで、あの感動をもう一度共有・鑑賞できる貴重な機会となる。上映映画館の情報詳細は、https://liveviewing.jp/tarinaifutari2021/ をチェック。2人のここまでの波乱の道のり、笑いと感動の最終章を、テレビ、映画館、サブスクで楽しむことができる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.