News ニュース

島崎遥香、伸ばし続けていた髪を25cm切って「ハレ婚。」で新妻役に初挑戦2021/11/15

 島崎遥香が、ABCテレビで2022年1月からスタートする連続ドラマ「ハレ婚。」(日曜午後11:55、開始日未定。テレビ神奈川は火曜午後11:00)で主演を務める。島崎は本作が6年ぶりの連ドラ主演となる。

 ドラマは、“一夫多妻”をテーマとしたNON氏の同名漫画が原作。3人の妻を持つという、現代日本の感覚でいうと最低な浮気者が、全力で3人の妻を平等に愛し、家族を幸せにしようとする姿を見せることにより、一夫一妻こそ正しいのか、そして結婚とは、家族とは、愛とは何かを問いかけるラブストーリー。

 島崎が演じるのは、本作のヒロインで3人目の妻となる前園小春。今作では役に向け、伸ばし続けていたという髪を約25cmもカットし、自身初の新妻役に挑んでいく。

 小春はお人よしで、なぜか浮気男とばかり付き合ってしまう“既婚者ハンター”の異名を持つ女性。恋愛に疲れ、故郷に帰ると、その故郷では、過疎化や少子化を防ぐために「ハレ婚(ハーレム婚)」という“一夫多妻制度”を取り入れていた。これまで不倫男にだまされてきた小春と、一夫多妻制という絶対に合わなそうな組み合わせの下、ほかの2人の妻や、夫・伊達龍之介と家族愛や友情をはぐくんでいく、複雑で風変わりな結婚生活を描き出す。

 島崎は原作コミックを読み、「率直に面白い!!!」と感激したそうで、「結婚とは?とか、愛とは?とか。そこからさらに家族とは?というテーマになっていって。明確な答えがないテーマに対してアンバランスで不思議な何とも言えない友情もあり考えさせられました。個人的には漫画のカバーに偉人たちの名言が毎話書かれてあるのも好きです」と、その魅力を力説。

 そして、自身の役柄については、「後先を考えないとっても真っすぐで分かりやすい子」と紹介しつつ、「私自身も後先考えなかったり、思ったことをストレートに言ってしまって、1人反省したりする時があるので共感します(笑)」と自身との共通点についても明かす。

 また、役づくりで髪を短くしたが、「友達に髪を切ったことを気付かれませんでした(笑)。ぱるるはこのイメージが強いと思うので、きっと皆さんもそうだと思います」と苦笑を浮かべつつも、「原作と台本を両方並べて小春の表情を勉強中です。原作ファンの方にも楽しんでいただけるように頑張ります。小春に近づけるよう日々、勉強中です。ぜひ、推しメンを見つけながら楽しんで見てもらえたらなと思います!」と意気込んでいる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.