News ニュース

沢村栄治、ラーマ5世、大野伴睦、古関裕而…偉人たちの知られざるエピソードが街角にある銅像から明らかに!2020/06/08

 6月21日にフジテレビ系では「日本全国!こんな所にスゴイ人 銅像スター調査隊!」(午後4:05=東海テレビ制作)を放送。MCを加藤浩次、MCアシスタントを光浦靖子が務め、パネリストで大久保佳代子、ナイツ、澤部佑(ハライチ)、丸山桂里奈が出演する。

 街で見かける銅像は、普段何げなく通り過ぎることが多い。しかし、その人の偉業や立像の背景を調べると意外な発見が数多くある。銅像は郷土の英雄を称えるシンボルであり、物言わず生きざまや教訓を伝える歴史の証人だ。番組では、そんな街で見かける銅像をきっかけに「一体、この人は何をしたんだろう ?」という謎を解き明かす。

 昨年第1弾が放送され、第2弾となる今回は、全国に5000体以上あるといわれる偉人の銅像から、沢村栄治、ラーマ5世、そして大野伴睦と古関裕而の4人の偉人たちの知られざるエピソードや意外な歴史を浮き彫り にしていく。

 MCの加藤浩次は「銅像になるだけあって皆さん魅力的です。その人の歴史を勉強することで、銅像の見え方も変わってくる。絵画もそうで、ピカソのバックボーンを勉強すると作品が違って見えてきます。ゴッホが経験したことを知るとゴッホの絵画も見方が変わってくる。銅像も一つの芸術」と話す。

 そして「紹介する銅像の人となりを見て、だからその場所にこの銅像があるという意味が伝わるといい。全国には相当な数の銅像があるので、もっと銅像を身近に感じてほしいです」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.