News ニュース

赤楚衛二と坂口健太郎、2シーズン構成で描く新時代の社会派復讐サスペンス「ヒル」にそれぞれ主演!2021/10/25

 WOWOWプライムでは、WEB・アプリで人気を博して話題を呼んだ今井大輔氏による漫画「ヒル」「ヒル・ツー」を原作にした「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」を2022年3月より連続ドラマ化(開始日未定)。2シーズン構成で放送し、Season1の主演を赤楚衛二、Season2の主演を坂口健太郎が務める。

 今作は、他人になりすましをされた⻘年が、他人に寄⽣する不法滞在者“ヒル”の存在を知り、彼らに果敢に立ち向かっていく社会派復讐サスペンス。なぜ、ヒルたちが産まれてしまったのか。なぜ、彼らは社会から落ちこぼれてしまったのか。それを知った時に彼ら自身もまた人としての本当の愛情に気付き、心の機微を取り戻していく。Season1とSeason2それぞれ6話ずつの全12話で放送する。

 Season1で赤楚が演じるのは、他人になりすましをされ、殺人未遂罪で警察に追われる四宮勇気(ユウキ)。警察から逃れる中、知り合った仲間と共に、ヒルから自分の身分を取り返そうと奮闘する。「原作、台本を読ませていただき、もしかしたら自分の身近にもあるのではないか?と思わせられるようなお話しで、ヒルの⽣態や法律が、社会のルールに通用しない中でのそれぞれのキャラクターたちの人間模様に引き込まれました」と原作の印象を話す赤楚は、「僕が演じさせていただく四宮勇気は、父親が殺人犯で、普通の⽣活に羨望(せんぼう)心を抱きながらも俗世を絶っている人。そんな彼が四宮勇気という名前を奪われ、ヒルの世界に巻き込まれていくのですが、撮影中は苦痛と憤怒が心の中に渦巻く日々でした」と役柄にどっぷりと浸っている。

 Season2で坂口が演じるカラは、ユウキになりすました男にヒルとしての⽣き方を教え、またおきてを破る者を罰する“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル。かつて仮面をつけたヒルに⺟親的存在のヒルを殺害されており、その男に復讐(ふくしゅう)することを心に誓って⽣きている。坂口は「ユウキを軸にしたシーズン1があり、シーズン2で、まだおぼろげな存在のカラという役をどう表現していくかということを一番に考えました。カラの過去、⽣きる意思ではなく、方法だけを教えてしまった後悔。カラの中での正義とはなんなのか。どこか身近に感じるヒルという⽣き方をするカラを通して、皆さんに何か伝わればうれしいなと思います」と期待している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.