News ニュース

「真犯人フラグ」“炊飯器失踪事件”を追う「週刊追求」編集部が“あの人”を徹底取材 !?2021/10/24

 Huluでは、日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日曜午後10:00)の10月24日放送・第3話のオンエア終了後から、Huluオリジナルストーリー「週刊追求プレミアム」を独占配信する。

 企画・原案の秋元康と2019年の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の制作スタッフが再集結した「真犯人フラグ」は、主演の西島秀俊が演じるごく普通のサラリーマン・相良凌介が、ある日家族が失踪したことによって日本中の注目を浴びる“疑惑の男”になってしまう、ノンストップ考察ミステリー。現在、第2話まで放送され、序盤から訪れる衝撃的な展開と深まる家族失踪の謎に、SNSでは早くも真犯人をめぐる考察合戦が行われ、大きな話題を呼んでいる。

 中堅の運送会社に勤める凌介の妻・真帆(宮沢りえ)、高校生の娘・光莉(原菜乃華)、そして小学生の息子・篤斗(小林優仁)がある日突然、姿を消してしまう。何の手がかりもつかめない中、失踪が明るみに出たことで一気に世間の注目を浴びる凌介。しかし、YouTuber・ぷろびん(柄本時生)の投稿によって、彼が家族を殺害した真犯人だと疑われる羽目に。頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借りながら真相を探る中、凌介の勤める会社に少年の冷凍遺体が届けられる。その遺体は篤斗ではなかったものの、今度は基礎工事中の凌介の新居に流し込まれたコンクリートの中に、光莉と同じローファーが埋まってるのを発見する――。そして、第3話では、3人の行方の手がかりとなる映像や、失踪が誘拐だと断言する人物が現れるなど、さらなる怒濤(どとう)の展開が凌介を待ち受ける。

 ドラマでは、凌介の親友であり、「週刊追求」編集長である河村俊夫(田中哲司)が、家族の失踪を「炊飯器失踪事件」として取り上げたことが、世間の注目を集めるきっかけとなった。このたび、Huluで配信されるオリジナルストーリーでは、そんな「週刊追求」編集部を舞台に、カメラマンの両角猛(長田成哉)と、記者の上原啓太(竹森千人)のコンビが、ドラマで注目を集める1人の登場人物を徹底取材。「週刊追求プレミアム」と題して、「炊飯器失踪事件」を深堀りしていくショートストーリーだ。

 番組を手掛ける鈴間広枝プロデューサーは「『これを見ないと謎が解けない!』というコンテンツではありませんが、それぞれの登場人物の背景や素顔がより深く知れる物語になっておりますので、もしよろしければ本編と一緒にお楽しみいただけたら幸いです」とコメントを寄せる。

 なお、Huluオリジナルストーリー第2弾以降の配信スケジュールは、後日発表予定。ドラマ本編はHuluで見逃し配信中。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.