News ニュース

ハマ・オカモト×乃木坂46・齋藤飛鳥の「ハマスカ放送部」、カズレーザー×野田クリスタルの「野田レーザーの逆算」が今夜スタート!2021/10/07

 テレビ朝日で深夜帯に、豪華出演者と若手クリエーターがタッグを組む新感覚バラエティー枠「バラバラ大作戦」(月曜~木曜深夜1:56、金曜深夜2:20。関東ローカル)が、10月から新体制スタート。木曜は新たに2番組が登場する。

 ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)が日本のテレビバラエティーが生み出してきた伝説の企画や、ベタな定番ネタの新たな魅せ方を提案する「NEWニューヨーク」(木曜深夜1:56)は、さらにパワーアップ。10月初回は「キングオブコント2021」ファイナリストのザ・マミィ(林田洋平、酒井貴士)と共に、平成ノブシコブシ・吉村崇からバラエティーのノウハウを学ぶ「吉村塾」を開催する。今が大事な時期の2組が、ほかでは絶対に見られない“NEW”な芸風で笑いの新境地に挑む。

 屋敷は「吉村さんの企画が『NEWニューヨーク』の中で一番しんどいです…けど吉村さんに教わったことをほかの番組でやったら爆ウケしたので間違ってないんでしょうね(笑)。番組継続が決まってありがたいです、1年で終わらないように、今見ている人もどんどんほかの人に勧めていってほしいです。今後ともよろしくお願いします!」とアピール。嶋佐も「非常にカオスでしたね。僕らもザ・マミィも限界突破できたと思います。テレビじゃあんまり見られない内容になってるんじゃないかと。半年あっという間で、まだまだやってみたいこともあるので、引き続きごひいきにしてください!」と番組継続にますます気合十分だ。

 OKAMOTO’Sのベーシストであるハマ・オカモトと乃木坂46・齋藤飛鳥による新番組「ハマスカ放送部」(木曜深夜2:16)では、タイトル通り放送部ならではの雰囲気の中、楽しくおしゃべりしたり、音楽を使った企画をしたり、時には真剣にリスナーからのお悩み相談に答えたりと、深夜放送ながらも、学生時代の雰囲気を思い出させるような内容を届けていく。

 ハマは「この番組自体がドッキリだと思っていたのですが…本物の齋藤飛鳥でした。飛鳥さんとマイペースに楽しくやっているさまを、皆さまにも楽しんでいただけると幸いです」と気負わずコメント。

 「スタッフさんが何度も何度も『飛鳥さんはそのままの感じで大丈夫ですよ!』とおっしゃってくれたので、リラックスして収録に臨めました」と語る齋藤は、「スタッフさんとの距離感も近めで、ゆるゆるとお送りする番組になるかと思います。既に、すてきな皆さんに囲まれているなと感じていますので、今後がとても楽しみです。面白い番組作りのためにも、ハマさんの豊富な知識とさえ渡るトークに任せきりにならないよう、私も一生懸命頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

 そして、マヂカルラブリー・野田クリスタルとメイプル超合金・カズレーザーが“逆算”の力を鍛える新番組「野田レーザーの逆算」(木曜深夜2:36)もスタート。普通のクイズや大喜利はもちろんのこと、漫画やコント、音楽から怪談話と、バラエティー豊かなテーマの「答え」から、「ひらめき」の野田クリスタルと、「知性」のカズレーザーが逆算思考で「問題」を推理していく。

 カズは「結構夢というか憧れの存在ではあるので、野田さんと真っすぐ番組やらせてもらえて、すごく楽しかったです」と野田との共演を喜びつつ、「今後、視聴者の方から問題もらいたいですね! あと『バラバラ大作戦』の最初にキャスティングされた出演者の逆算をやってみたい(笑)」とニヤリ。

 野田も「途中から仕事だと思ってやってなかったですね、楽しすぎて友達の家に来ているような感覚でした。収録中に言いましたが、世の中にいろいろな逆算があると思うので、おばあちゃんに『逆算ありますか?』と聞いていくような『逆算ロケ』をやってみたいです」と意欲を見せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.