News ニュース

次世代のスター芸人を決める「ツギクル芸人グランプリ」Yes!アキト、トンツカタン、や団ら決勝進出15組が決定2021/09/01

 フジテレビで9月18日放送の「ツギクル芸人グランプリ2021」(午後3:30、関東ローカル)の決勝進出芸人・15組が決定した。

 同番組は、漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界を担うであろう次世代のスター芸人、すなわち“ツギクル芸人”を発掘するために日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する、年に一度のお笑いコンテスト第2弾。MCは爆笑問題が務める。

 決勝進出者を決める予選大会に出場したのは、「地上波のゴールデン・プライム帯の番組レギュラーを持っていない芸人」。つまりテレビにほぼ出演したことのない超若手から中堅実力派まで約2000組以上の芸人の中から、各芸能プロダクションが「次世代のスター芸人だ!」と社を挙げて厳選した72組の芸人だ。

 審査は、人気バラエティー番組を手掛けるクリエーターたちがネタVTR を「発想・構成・キャラクター・表現力・倫理観」の5項目を5段階で評価。今回からGYAO!で、ネタVTRを一斉配信し、その再生回数を“一般視聴者の審査点”として得点化して、予選審査得点に加点。視聴者と番組制作者、多様な視点で選び抜かれた15組が決勝進出を決めた。

 唯一の2大会連続決勝進出となるや団、数多くのスター芸人を輩出し今年の「おもしろ荘」(日本テレビ)で優勝したダイヤモンド、「キングオブコント2021」準決勝進出を決めているトンツカタンが出場。そして、結成わずか1年で決勝進出を決めたのは、ゼンモンキー。「お笑いABEMA CUP 2021~ワタナベNo.1 決定戦」で優勝するなど、破竹の勢いでグランプリを勝ち取ることができるのか。

 一方、「お笑いABEMA CUP 2021~ワタナベNo.1 決定戦」の決勝で事務所の後輩・ゼンモンキーの前で、悔し涙を流した金の国がリベンジに燃える。また、決勝進出の芸人の中で唯一の男女漫才コンビ・ポンループ、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)のモニター横芸人としての活躍が記憶に新しいYes!アキト、コント作りに定評のあるサスペンダーズ、独特な空気感が癖になるキュウら、選ばれし芸人たちがそれぞれの笑いの才能をぶつけ合う。

【決勝進出者】※()内は所属事務所 
Yes!アキト(サンミュージックプロダクション)/キュウ(タイタン)/9番街レトロ(吉本興業ホールディングス)/金の国(ワタナベエンターテインメント)/サスペンダーズ(マセキ芸能社)/ゼンモンキー(ワタナベエンターテインメント)/ダイヤモンド(吉本興業ホールディングス)/ダニエルズ(タイタン)/トンツカタン(プロダクション人力舎)/ポンループ(グレープカンパニー)/マッハスピード豪速球 (ライジングプロ・ホールディングス)/ママタルト(サンミュージックプロダクション)/モシモシ(太田プロダクション)/や団(ソニー・ミュージックアーティスツ)/4000年に一度咲く金指(ライジングプロ・ホールディングス) ※五十音順

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.