News ニュース

【東京オリンピック・8/7◆本日の見どころをピックアップ】女子マラソンに前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒が出場。狭い道での位置取りが勝負を左右するポイント2021/08/07

マラソン(鈴木亜由子・松田瑞生・前田穂南・一山麻緒)写真:アフロ

 陸上は午前7:00に札幌で女子マラソンがスタート。オリンピックスタジアムでの実施は最終日となり、女子走り高跳び決勝、女子10000m決勝、男女1600mリレーなどが行われる。

 野球決勝は日本とアメリカが対決。日本が悲願の金メダルへ挑む。野球以外にもサッカー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールの男子決勝が行われ、メダルを懸けた最高峰の戦いが展開される。

 ゴルフは女子の最終ラウンドが実施。日本勢はメダル争いに食い込むことができるか。

 新体操は団体予選。メダル候補の一角である日本チームの好発進が期待される。

 アーティスティックスイミングはチームフリールーティンが行われ、前日のテクニカルルーティンで4位だった日本が表彰台を目指して舞う。3位ウクライナとのポイント差0.8912を逆転できるか

 空手は男子組手75kg超級と女子組手61kg超級、レスリングは男子フリースタイル65kg級、97kg級と、女子50kg級の敗者復活戦とメダルマッチが行われ、男子フリー65kg級決勝に乙黒拓斗、女子50kg級決勝に須崎優衣が出場する。競技最終日にそろって金メダルを獲得し、有終の美を飾るか。

 自転車トラックのケイリン男子、水球女子の順位決定戦とメダルマッチ、男子高飛び込み決勝なども見ものだ。

 女子マラソン決勝は、札幌大通公園をスタート&フィニッシュ地点として、市内を約20km走った後、1週目の北半分を2周するコースで行われる。北海道大学のキャンパス内では幅の狭い道で右折、左折を小刻みに7回繰り返す。位置取りが重要になり、勝負を左右するポイントになりそうだ。日本からは前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒が出場。ベスト記録で上回るアフリカ勢が飛び出しそうだが、粘り強くトップ集団に食らいつき、勝機をうかがってほしい。

 オリンピックスタジアムで競技が行われるのは、この日が最後。陸上女子走り高跳び決勝、女子10000m決勝、男子やり投げ決勝、男子1500m決勝、そして男女1600mリレー決勝が行われる。女子10000m決勝は、5000m金メダルのシファン・ハッサン(オランダ)が2冠を達成できるかが見どころ。フィナーレを飾る男子1600mリレーは、アメリカが一歩リードか。

 サッカー男子決勝はブラジルとスペインが対戦。ブラジルは連覇、スペインは地元開催だった1992年バルセロナ大会以来の優勝を目指す。サッカー大国同士のハイレベルな攻防が見られそうだ。

▶東京オリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶オリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/


関連記事

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.