松本幸四郎と「にっぽんの芸能」がコラボした舞踏プロジェクトがスタート!

ニュース
にっぽんの芸能
キーワード

 歌舞伎俳優の松本幸四郎とNHK Eテレの「にっぽんの芸能」(金曜午後11:00)がコラボレーションした「今を生き抜くための日本舞踊」を作るプロジェクトがスタートする。

 同プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響により歌舞伎が歴史上まれに見る長期休演に追い込まれる中、「舞台がなければ俳優は何もできないのだろうか? 今、自分がやるべきことは一体何か?」「いつか晴れて舞台が開けば、その時はもちろん頑張る。でも舞台に関わるすべての人々がこの苦しい時を乗り越えるためにも、今、何かしなきゃいけない」という幸四郎の思いからスタート。

 そこで、幸四郎と「にっぽんの芸能」がコラボし、幸四郎が1年かけて準備してきた大規模な日本舞踊の公演のために作られた12分の音源を元に、出演予定だった47人の舞踊家たちの自撮り動画を集め、「舞踊家全員が一度も会わない舞踊作品」を制作。「夢追う子」をテーマに、踊りに魅了され、憧れて舞踊家になった47人の情熱と歓喜を表現する、パワフルで明るい作品だ。舞踊家一人一人に振付動画を送り、それを元に各自稽古。1人ずつ撮影した動画を背景と組み合わせて、一つの映像作品に仕上げていく。

 大人数リモート収録はすでにさまざまなジャンルで行われているが、今回の見どころは、映像の合成や加工技術を駆使し、美しい衣装とともに「誰でも、何度見ても楽しめる」エンターテインメント作品に仕上げること。映像作家の力も借りて、新しい日本舞踊の可能性に挑む。完成作品は7月3日「踊れ!今こそ幸四郎と47人の舞踊家(仮)」にて放送される。

 また、同時に、子どもでもすぐに踊れる1分サイズの動画「幸四郎と踊ろう」をインターネットで公開。自分も周りも笑顔になるような踊りの力を子どもにも大人にも感じてほしいと、今回特別に幸四郎自ら「夢追う子」の2分版の振付を作成。歌舞伎の見得や六方、日本舞踊独特の手の表現など、短い中に日本の踊りのエッセンスが盛り込まれた作品となっている。この動画を番組公式サイト(https://www.nhk.jp/p/nippongeinou/)で公開し、動画投稿を募集。集まった動画の一部は番組で紹介する。





キーワード

関連記事
PAGE TOP