KISS&CRY

特集

無良崇人さん、橋本誠也さん、川原星さんのチームオレンジチアーズが登場!交流型イベント「Get in ice」開催

 無良崇人さん、橋本誠也さん、川原星さんの3人で結成された、スケーティングパフォーマンスユニット・チームオレンジチアーズが、「鳥取にスケートリンクをつくろう」の活動応援アンバサダーに就任。その共同イベント第1弾「Get in ice」が、8月29日に岡山国際スケートリンクで開催されました。

KISS&CRY

「スケートファンの皆さんに滑る楽しさをもっと知ってもらう」ことをテーマに企画された本イベントは、チームオレンジチアーズが企画から携わり、パフォーマンス&トークショーをはじめ、スケート教室や物販・展示コーナーなど盛りだくさんの内容。チームオレンジチアーズのメンバーが、集まった大勢のファンとリンクで交流しました。

KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY

 チームオレンジチアーズによるパフォーマンスは、2月に行われたデビューイベントでも披露した「クイーン・メドレー」。至近距離で繰り広げられるパフォーマンスは大迫力! さらにチームワークが増した演技に、大きな拍手がおくられました。

 トークショーでは、“フィギュアおたく芸人”としても知られる石井てる美さんがMCを担当。石井さんが「“提督スケート部”(「艦隊これくしょん-艦これ-」のイベントで無良さんが演じた“提督”をきっかけにスケートを始めた人々やそのムーブメントの通称)なるものが動きだしてるみたいですね」と尋ねると、無良さんは「“提督スケート部”と聞いた時、最初は『なんだこれ?』と思いました」と苦笑しながらも、「今はTwitterのハッシュタグで検索することもあります。提督たち(提督スケート部の活動をする人たち)が練習したことを知ると『自分も練習しようかな』って(笑)。こういう形でスケートが広がっていくのは、うれしいです」と笑顔で話しました。

KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY

 “元祖ゆるキャラ”として知られる鳥取県のマスコットキャラクターのトリピーが登場した「鳥取コーナー」の後は、レベル別の3クラスに分かれてスケート教室が行われました。提督スケート部のメンバーも参加したスケート教室は、「艦隊これくしょん-艦これ-」にちなみ、「合同演習」という名称に。憧れの“無良提督”によるレッスンに、参加者たちも大興奮の様子でした。

KISS&CRY
KISS&CRY

 続いて行われたのは、チームオレンジチアーズによる実技解説。実演を交え、6種類のジャンプの見分け方やステップの種類についてレクチャーしました。橋本さんのクリムキンイーグルでは歓声が!

KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY

 そして最後は、メンバーが現役時代のプログラムを披露。川原さんは現役最後のプログラム「The Mission」を、橋本さんは一番のお気に入りだという「リバーダンス」を、無良さんは名プログラム「オペラ座の怪人」を、それぞれ1分ほどのショートバージョンでリレー。ステキなサプライズに、思わず涙するファンの姿も。

KISS&CRY

 フィギュアスケートファンから地元の人々、「艦隊これくしょん-艦これ-」をきっかけにフィギュアスケートに興味を持った人まで、幅広い人たちが参加したイベントは和やかなムードと強い一体感の中で幕を閉じました。

 チームオレンジチアーズは、スケート普及活動を全国に広げていく予定とのこと。今後の活動に注目しましょう!

撮影/Yoshiyuki Takahashi


<関連情報>
【チームオレンジチアーズ 公式サイト】
https://www.orangecheers.co.jp/

【鳥取県アイススケート情報サイト/ NPO法人アイススポーツ鳥取】
https://npo-ist.com/

「KISS&CRY」とは?
「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry





キーワード

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月29日号
発売日:2019年11月20日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:生田斗真

新着連載

PAGE TOP