Feature 特集

プロスケーターユニット・REBEL BLADEがデビューイベントを開催!2021/07/09

 プリンスアイスワールドチームのキャプテンとしても活躍中の小林宏一さんをリーダーとするプロスケーターユニット・REBEL BLADE(レベルブレード)のデビューイベントが、7月3日に開催されました。同イベントは当初5月に予定されていましたが、緊急事態宣言により延期。しかし、コロナ禍の中で誕生した“レベルブレード(反骨の刃)”の名にふさわしく、不屈の精神で開催が決定し、このたび、神奈川・KOSÉ 新横浜スケートセンターで、有観客のイベントを決行しました。

 縦並びになって登場したメンバーたちを、歓声が制限されている会場が万雷の拍手で迎えます。しょっぱなからリフトやスピンなど、鮮やかなスケーティングで魅せる7人。小林さんが見せた力強いバックフリップに、会場は早くも熱気がこもります。

 最初の自己紹介では、“反骨のシンフォニー”と題されたコンセプトに合わせ、小林さん(ジム)、小沼祐太さん(ジギー)、松村成さん(ダニー)、吉野晃平さん(エルビス)、小平渓介さん(テッド)、本田宏樹さん(マッド)、中野耀司さん(ジョニー)の順にあいさつを。「バイセクシャルなキャラクター」(小沼さん)、「お酒を飲むとすぐに泣きます」(本田さん)など、個性豊かに表現されていました。

 また、それぞれの特性を生かしたソロやユニットでの演技も披露。「スケーティングスキルがプリンスアイスワールドで1、2を争う2人」と小林さんに紹介された吉野さん&松村さんによるユニット演技では「3日前に初めて合わせた」と言いながらも、見事に息の合ったパフォーマンスで魅せ、会場もうっとり。

 友情出演の安藤美姫さんと小林さんはエルビス・プレスリーの「監獄ロック」に乗せたノリノリのパフォーマンスで会場を盛り上げます。安藤さんはその後のトークにも参加し、7人をあらためて紹介。イーグル、バレエジャンプ、バックフリップなど、フィギュアならではの技を紹介するコーナーでは、それぞれ得意な技を披露し、中野さんがバックフリップを2回続けて行うWバックフリップを行うなど、個性を見せていました。

 SMAPの「SHAKE」を生で歌いながらのスケーティングや、「レベルブレード-エピソード1」では「ウエスト・サイド・ストーリー」の「Cool」に合わせて対立するグループ同士の抗争を鮮やかに表現するなど、確立された技術と表現力で会場を魅了した7人。デビューイベントの様子は、7月31日午後6:00から日テレプラスで、「REBEL BLADE -レベルブレード デビューイベント『The Beginning』」で放送されるのでお見逃しなく!

【番組情報】

「REBEL BLADE -レベルブレード デビューイベント『The Beginning』」
日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ
7月31日 午後6:00~7:00



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.