Feature 特集

「おちょやん」みつえ役の東野絢香。杉咲花&篠原涼子&名倉潤との撮影中のエピソードを明かす2020/12/26

 現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合ほか)。年末年始は1週間のお休みを挟み、1月4日放送から京都編に突入します。

 さて、第4週(12月21~25日)のラストで、ついに友人関係になった竹井千代(杉咲花)と岡田みつえ(東野絢香)。そもそも2人の関係は同い年ですが、あくまで奉公人と“お嬢(いと)さん”です。現在は、あまり使われていないようですが、“お嬢(いと)さん”とは、関西の言葉で良家の娘の敬称のこと。みつえは、芝居茶屋「岡安」のおかみ・岡田シズ(篠原涼子)と、主人・宗助(名倉潤)の一人娘で、大事に育てられてきました。千代がみつえと初めて会った時、“ちゃん付け”で呼ぶと、「みつえさん、それか嬢(いと)さん」と指導され、友達になりたいと言うと「住む世界が違う」と一蹴されていたのが懐かしいですね。なので、千代を道頓堀から逃すシーンは、皆さんも感慨深かったのではないでしょうか。

 今回は、みつえを演じる東野絢香さんからコメントが届きました。オーディションで選ばれた東野さんは、「台本をもらった時、自分の名前を見つけて、じわじわと喜びがあふれてきました。私は学校から帰ると、すぐにテレビで再放送のドラマを見ていて、幼い頃から芝居をしたいと思っていました。10代の頃に、連続テレビ小説『あまちゃん』を見て、朝から元気が出る“朝ドラ”が大好きでした。役者を志してからは、いつか“朝ドラ”に出演したいとは思っていましたが、夢のまた夢だと思っていたので、まさかこんなに早く出演させていただけるなんて!」と、驚いたそうです。

 役柄を聞かれると「みつえは、喜怒哀楽を全身で表現する子です」と紹介し、「最初に台本を読んだ印象は“おてんば”で、私のすごく好きなタイプだなと思いました。私自身は外で感情を抑え込んでしまうタイプなので、みつえとは正反対に感じます。でも、家族の前では私も素直に表現できるので、似ている部分を探しながら、自分の理想とするみつえに近づけるよう芝居をしています」と役作りについても明かします。

 撮影中は、共演者の方々から助けてもらっていることもあるそうで「収録初日は、ものすごく緊張して泣きそうになってしまいました。演出の方に『もっと笑って』と言われて…。そんな中、お父さん役の名倉潤さんに励ましてもらいました。あとお母さん役の篠原涼子さんは、目が合ったら変顔をしてくださいました(笑)。皆さんの愛を感じる現場です。休憩中も杉咲花さんが『撮影慣れた?』と気に掛けてくださって…。『普段、どんなところで遊んでいるの?』と緊張をほぐしていただきました。杉咲さんは常に周りを見て気を配っていらして、“なんてすてきな方なんだろう”と感動しております。実は同い年なんですが、杉咲さんはしっかりされていて心(しん)が強い、まさに千代そのものなんです。とても尊敬している女優さんです」と教えてくれました。

 最後に「このようなご時世ではありますが、少しでも皆さんに元気をお届けできる作品になるよう頑張っています。“今日はこうだったな…明日はきっとこうなるだろうな…”と、日々楽しんでいただけたら、うれしいです」とメッセージをいただきました。

第5週あらすじ(1月4日~8日放送)

 道頓堀を飛び出した千代(杉咲)は京都にたどり着きます。そして、怪しげで癖の強いカフェ「キネマ」を紹介してもらい、住み込みで働くことに。ある日、千代は東京で活動写真を作っている黒木(ヨシダ朝)から、「これから作る作品に出てみないか」と声を掛けられます。自分が有名になれば、離れ離れの弟・ヨシヲが会いに来てくれるのではないかと思い、出演を決めますが、実は黒木は詐欺師で…。

【番組情報】

連続テレビ小説「おちょやん」
NHK総合 月~土曜 午前8:00~8:15ほか
NHK BSプレミアム・BS4K 月~土曜 午前7:30~7:45ほか
※土曜は一週間の振り返り。

NHK担当 M・I

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.