Feature 特集

宇野昌磨選手「攻める気持ちを最後まで持ち、良い演技ができた」 GPシリーズ初戦は、300点超えで金メダル!2017/10/31

 グランプリシリーズ第2戦・カナダ大会が10月28日~29日に行われ、宇野昌磨選手が300点超えで金メダルに輝きました。おめでとうございます!

「気持ちが成功につながる。気合を入れて頑張りたい」と意気込みを語っていた宇野選手は、ショートプログラムの最終滑走で登場。冒頭の4回転フリップを軽やかに完璧に決めると、ヴァイオリンの旋律に乗せて情感たっぷりな演技を披露。ミスは最小限に留め、技術点、演技構成点ともにトップの103.62点で首位発進となりました。キス&クライで得点を聞いた宇野選手は何度も頷き、納得の笑顔。試合後には、「4回転-3回転が4回転-2回転になってしまったけれど、大きなミスなく滑れた」「攻める気持ちを最後まで持ち、良い演技ができた」と演技を振り返りました。

 しかし翌日のフリーでは、4回転フリップが乱れ、4回転コンビネーションが単独になるなどジャンプが不調に。それでも4回転ループはしっかりと着氷、さらに抜けたコンビネーションジャンプを即座にリカバリーするなど底力を見せ、ショートに続き、フリーも1位の合計301.10点。グランプリシリーズ初戦を優勝で飾りました。宇野選手は「もう明日はないから、ここで死ぬつもりで頑張ろうと思いました。体が疲れている状態で“自分なりの演技”ができた」「300点をコンスタントに出せるようになったというのは、成長の表れだと思います」と、伸びしろを残しながらの勝利を評価しました。

 地元・名古屋で開催されるグランプリファイナル進出へ向け、好スタートを切った宇野選手。次戦は11月17日から行われる第5戦フランス大会で、今季2つ目のグランプリタイトルを狙います。

 本大会の模様は、11月15日発売の「KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち 特集:宇野昌磨選手 初めてのオリンピックシーズン!! 熱き闘志の挑戦者」でも詳細にリポート! さらに宇野選手の最新コメントや、「ジャパンオープン」「フレンズ・オン・アイス」など宇野選手の活躍を40ページ超の大ボリュームでお届けします!

【「KISS&CRY」とは?】

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。

Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.