Feature 特集

「デッドストック」撮影時に早見あかりを襲った心霊現象とは!? 「市松人形を抱えるシーンを撮った後、私の首が…」2017/08/26

 皆さん、金曜深夜は「デッドストック~未知への挑戦~」で涼しくなっていますか? 記者も涼しくさせてもらっている一人なのですが、恐ろしい映像とものすごくあおってくる効果音の相乗効果で、見ていて思わず「ぎゃっ!!」と声が出てしまっています。そんなことはさておき、本作のジャンルがホラー作品ということで、実際にドラマの撮影をされていて心霊体験などあったのでしょうか? 新米AD・常田大陸を演じる村上虹郎さんと、駆け出しディレクター・二階堂早織を演じる早見あかりさんにお伺いしました!

村上 「僕がクランクインした日に、自分の台本だけ変なシミができていたんですよ。ほかの人の台本には一切シミはないんです。もらって数日の新品だったんですけど、2冊目の台本にもできていて。怪しんでいたら、まさかの水滴だったっていう(笑)」

早見 「今日もあったんですけど、首が回らなくなったりしました。市松人形を抱えるシーンがあって、人形の顔が首のところに来ていたんですけど、そのシーンを撮った翌日から首が左側に回らなくなりましたね。あとは、頭痛がひどかったので、ずっと塩を持っていました。実際に心霊スポットでも撮影していたので、連れて帰ってきちゃったんですかね…。私、結構霊感があって、小さい頃に霊が見えていたりしたんですよ。小学校の時に、掃除ロッカーのところにスーツ姿のおじさんが立っていたり、ライブハウスとかでたくさん見たり。今はその力は弱くなって、見たり感じたりしなくなりましたね」

 早見さんの体験があまりにも本格的過ぎて、村上さんのエピソードがとてもかわいく感じられますね。ちなみに、村上さんに心霊現象はないのか改めて聞いてみたものの、「全くないんだよなあ~」と焦っていました(笑)。

 9月1日放送の第7話も、また怖そうな回ですよ! 素材テープに残されていたのは、ある樹海で、木からぶら下がる自殺者の遺体が一瞬の間に消え去った映像。それを見た大陸は、“その樹海では死体が消える”といううわさの実態を探るため、早織と現地取材に向かいます。しかし、そこで一人の少女に出会い…!? 樹海に潜む衝撃の事実を、ぜひお見逃しなく!

【番組情報】

ドラマ25「デッドストック~未知への挑戦~」 
テレビ東京ほか 
金曜 深夜0:52~1:23

テレビ東京担当 Y・O



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.