Feature 特集

“ムードメーカー”大杉漣が最期に見せた気遣いと笑顔とは…「バイプレイヤーズ」にぎやかな撮影現場潜入リポ!2018/03/02

 大杉さんが北さんを「ルールルルル」と黒板五郎(「北の国から」(フジテレビ系))ばりに呼ぶ様子も激写! それに乗る北さんの姿がとてもかわいらしかったです。

 休憩時間には、突如大杉さんが「小田急線の新宿駅から町田駅までの駅名言える?」と小田急線ゲーム(?)を始めました! 早速光石さんが挑戦し、1駅ずつ答えていくたびに「おおー!!」と周りから歓声が上がります。最終的に、光石さんは梅ヶ丘まで言えました(笑)。その後も、遠藤さんを標的にして「町田駅まで言える?」とクイズを出しまくる大杉さんでした。

 続いて、島ハウス内での撮影へ。すると、おいしそうな差し入れが! 大杉さんがあめ玉を含むお菓子をいっぱい、遠藤さんがチーズケーキとようかんを差し入れていて、お二人の気遣いが垣間見えました。ちなみに、光石さんと松重さんは早速ゼリーのお菓子を2人でもぐもぐ食べていました。おちゃめすぎます…(笑)。

 そして、衣装部屋から出ようとした光石さんのサンダルがなくなるという事件が! 「絶対遠藤ちゃんが間違って履いていったんだって!」とアピールしますが、当の遠藤さんはどこへやら(笑)。「100%遠藤ちゃんだって…」とボヤきながらも、しょうがなく遠藤さんのものらしきサンダルを履いて出ていった光石さんでした。

 そんな事件が起きつつ、室内での撮影も和気あいあい。休憩時間には、大杉さんが口笛を吹きながらセットを物色。ギターとハーモニカを見つけ、それぞれ弾き始めます。何をしても様になるその姿は、本当にかっこよかったです!

 また、インテリアの本を発見し、まじまじと見る大杉さん。気になる内容があったのか、本をほかの4人に見せながら盛り上がっていました。

 終始にぎやかな雰囲気で撮られていた「バイプレイヤーズ」。大杉さんをはじめ、キャストの皆さんがそれぞれ楽しみながら撮影しているのが伝わってくる本当にすてきな現場でした。

 気になる最終回(3月7日放送)では、島おじさんを演じる5人の撮影が終了し、大杉さん以外の4人は早々に島を離れてしまいます…。スタッフ不足で混乱している現場に一人残された大杉さんが取った、ある行動とは? そして、朝ドラ「しまっこさん」は無事に最終回を迎えられるのか? 最期まで大杉さんが楽しそうに演じていた「バイプレイヤーズ」の“大杉漣”を、ぜひ皆さんの心に刻んでください。

【番組情報】

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」 
テレビ東京系 
水曜 午後9:54~10:48(3月7日・最終回) 
※内容変更の場合有り

テレビ東京担当 Y・O

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.