Feature 特集

「ゆうべはお楽しみでしたね」最終回…2分だけ本田翼さんの話をさせてください2019/02/09

 本田翼さんのドラマや映画への出演が決定したニュースを見聞きすると、毎回「次はどんな役なのだろう」とわくわくした気持ちになります。演技のことに関しては全く「詳しい」とは言えないですし、出演作は絶対に見たいと思っている女優さんは他にもいるのですが、この「わくわく」する気持ちは本田翼さんだけに起こっていて、その期待は年々増しているような気がしています。本田さんの演技の“虜”になっているのかもしれないなぁと思います。

 これまで最も印象的だったのは、2016年に公開した映画「少女」でした。それまでも映画「アオハライド」やドラマ「恋仲」(フジテレビ系)で主演やヒロイン役を務めていた本田さんでしたが、それらを未見で渋谷の映画館に足を運んだ状態では、「少女」の本田さんはあまりにも強烈な存在感を放っていました。湊かなえさんが生み出した、狂気的な世界観の中で生きる主人公そのものだと感じました。

「少女」を見たことがきっかけで、「アオハライド」や「恋仲」も見なければと思っていた矢先、ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)がスタート。本田さんが演じたのは、石原さとみさん演じる主人公・河野悦子の高校時代の後輩で、その悦子がどうしても働きたい人気ファッション誌の編集部に勤務し、さらに成り行きで悦子が一目ぼれした菅田将暉さん演じる折原幸人と同居することに…という、一見「何でも持っている」森尾登代子役。

 しかし、「校閲ガール」で見せた本田さんの妙に気だるい演技は、「少女」の記憶で染まっていた当時の私には新境地でした。華やかなファッション誌の編集部にいながら、疲れた表情で上着のポケットに片手を入れ、脚を組んで撮影スタジオの脇でPCを操作するその姿。「こんな姿が見たかった」という本田さんが、口調、目線、歩き方、ファッションといった森尾のすべてに散りばめられていました。悦子の“陽”なパワーに影響され、物語の終盤では活発な振る舞いをし、明るい表情を見せる森尾を見ながら、少し残念に感じたほどでした。

 そして翌年。17年に放送されたドラマ「わにとかげぎす」(TBSほか)で、いよいよ本田さんの演技から目が離せなくなります。有田哲平さん演じる主人公・富岡ゆうじに一目ぼれし、アパートの部屋が隣同士なのをいいことに、盗聴、のぞき見、富岡のスケジュールを完璧に把握するなど、エキセントリックな羽田梓という役に扮していた本田さん。夏のドラマということもあり、ショーパン姿であることの多い本田さんが本当にかわいいのですが、この羽田さんという役を演じる本田さんに抜かりがない。エキセントリックなんだけど、そのイノセントさに救われる。

 羽田さんのクレイジーさは毎話見受けられるのですが、中でも第6話、大好きな富岡さんと車の助手席に座っている羽田さんが、富岡さんが飲んだペットボトルの水に無言で自ら唇を付け、悦に入ったり、カーラジオに言葉を挟む富岡さんを見て「この人ラジオと普通に会話しているッ!!」と興奮したりするのです。

 その後も富岡さんとの距離が縮まっていくにつれ、アパートの隣の部屋にそれぞれが在宅している状況で壁越しにキスをしようと試みたり、ずかずかと富岡さんの部屋に入るなりベッドの上に正座し、にんまりと満足げな表情を見せるなど、なかなかに狂っています。「校閲ガール」の森尾に出会った時、「今この時の、最高の本田さんを私は見せてもらえている」と感じ、その感覚を疑わなかったのですが、1年も経たずして覆されてしまいました。覆されたというよりも、「どんどん最高になっていく」という感じです。

 放送中のドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」(MBS/TBS)は、“『ドラゴンクエストⅩ』に熱中するプレーヤー役”と聞いた時から期待しかありませんでした。本田さん演じるおかもとみやこという役は、ネイルサロンに勤務するドラクエが大好きなギャル系女子なのですが、何といっても本田さんは日本が誇る素晴らしいモデルさん。おしゃれに敏感な女子を演じつつ、YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」などからうかがえる熱狂的なゲームオタクな一面も見ることができる…!

 みやこを演じる本田さんは、同居人のさつきたくみ(岡山天音)にしばしばキツめな当たりをします。みやこに「パウさん(実世界でもゲームの中での名前で呼び合っている)って彼女いないの?」と聞かれた流れで、「そういうゴローさんは? 彼氏とかいないの?」と聞き返すたくみに、「…は? なんでパウさんにそんなプライベートなこと言わなくちゃいけないの?」とにらみを利かせるみやこは……………やっぱりかわいい。

 他にも、たくみが少し悩みながら帰宅している途中、後ろから突進してくる足取りとその時の笑顔や、たくみがみやこに感謝を伝えた時の「いいよいいよぉ~」という返しなど、とにかくかわいい。これが素だったらいいなと思わされる、自然な本田さんを見せてもらえているような気になります。

 そんな「ゆうたの」もついに最終話。最終話の場面写真を見ると、引っ越しの荷造りを進めるみやこが写された1枚があるのですが、抱きしめているのは1話でたくみと初めて待ち合わせした時に着ていた服…!? 同棲していたカップルが別れる時、相手の服のにおいを嗅いで切なくなる…みたいな話はよくありますが、自分が着ていた服を大事そうに抱きしめるというのは。

 みやことたくみが遊園地を訪れた時、コーヒーカップを容赦なく回してはしゃいでいた本田さんを見て最高だなぁという気持ちになったのもつい最近のことです。本田さんが見せる、振り切り方が好きだなぁと思います。「ゆうたの」最終回、終わりが来るのが早すぎて寂しいですが、どんな本田さんを見ることができるのかわくわくしています。

【番組情報】 

「ゆうべはお楽しみでしたね」(最終回) 
MBS 日曜 深夜0:50~1:20 
TBS 火曜 深夜1:28~1:58 
※ほか、HBC、ITV、SBSなど各局で放送中 
https://www.mbs.jp/yutano/#onair

文/宮下毬菜



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.