Feature 特集

三浦春馬演じる“チェリート”が卒業リーチ状態! 「オトナ高校」最終回でオトナになりきれるのか?2017/12/06

 「ヤレたら卒業?? 余裕でしょ。」というキャッチコピーがポスターにデカデカと書かれている「オトナ高校」(テレビ朝日系)。三浦春馬さんが演じる東大卒のイケメンエリート行員・荒川英人(童貞)が、これまで味わえなかった青春をやり直し、異性との性体験を果たすべくまい進していく姿が、基本的には滑稽で、時にはドキッとするような調子で描かれています。

 性体験のない30歳以上の男女が公的教育機関“オトナ高校”に強制的に入学させられ、本当のオトナになるための英才教育を受けるという学園生活が描かれるこのドラマ。55歳にして童貞だが、その恋愛遍歴を詐称してきた権田勘助を演じる高橋克実さん、毒舌なスパルタで圧倒的な恋愛理論を展開する山田翔馬を演じる竜星涼さん、清楚系に見えて過激な下ネタを連発する姫谷さくらを演じる松井愛莉さん、そして常に二番手に甘んじて「重たい」と抱いてもらえない“スペア”こと園部真希を演じる黒木メイサさん。皆さん、振り切った演技でこのぶっ飛んだ設定のドラマを盛り上げてきましたが、いよいよ最終回を迎えることになってしまいました。英人の変顔がもう見られなくなってしまうのかと思うと、寂しくもあり残念ですね。

 これまでその容姿と経歴に反して、“チェリート”の名にふさわしい(?)圧倒的な恋愛弱者ぶりを発揮していた英人ですが、オトナ高校で学んだかいあってか、初めての恋、初めての告白、そして付き合うことになるという成長著しい姿を真希相手にぶつけてきました。さらには同棲を始めるなど、“卒業”寸前のところまでやってきました。その上、真希とのデートと同時に隠れてさくらとも逢引きし、さくらに押し倒されて強引にキスされるというモテ男に変貌(?)も遂げました。2人相手にチャンスがある状況…もう大丈夫ですね! もう大丈夫なんですよね…?

 12月9日放送の最終話。チェリートをめぐる、性経験が両極端の2人のぶつかり合いが勃発。そんな中、スパルタ教師の翔馬が卒業実績不足の責任を取って退任することになってしまいます。この事態に、英人は自らリーダー役を買って出て「全員で卒業しよう」と宣言。意外と世間から好意的な目で見られているオトナ高校に希望者を募って、お見合いパーティーを開催しようと動きます。一体感が生まれて味わえる青春、そしてみんなそろって卒業。この男らしさにスペアさんもほれ直すに違いないですね! そんな上々な展開を期待してはいますが、現実はそんなに甘くはなく…。真希はあきれ、その隙を権田が狙ってと、こじれる展開に。さらには、いつもは軽いさくらが思い詰め…。先が読めない状況になってしまいます。一体どうなるのでしょうか。英人は卒業できるのか…ラストまで目が離せません!

【番組情報】

「オトナ高校」 
テレビ朝日系 
土曜 午後11:05~11:59(最終回)

テレビ朝日担当 K・T

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.