Feature 特集

イ・サンヨプが「スカパー!チンチャ韓サムDAY」vol.1イベントに登場! サプライズの連続に大感激!!2023/03/22

 

 スカパー!主催の新たな韓流イベント「スカパー!チンチャ韓サムDAY」のvol.1として、3月8日に俳優のイ・サンヨプのファンミーティングが東京・豊洲PITで開催された。日本のドラマ「昼顔」のリメーク作「平日午後3時の恋人たち」や、「あなたが眠っている間に」「一度行ってきました」など数多くの話題作に出演しているイ・サンヨプ。日本でのイベントは、実に5年ぶりだという。ここでは、昼夜2回行われた公演の昼の部をリポート。

 MCは韓国エンターテインメントが好きだというBOYS AND MEN・吉原雅斗。早速、吉原が呼び込み、爽やかな白のセットアップ姿でイ・サンヨプが登場すると、会場からは大きな拍手が起こった。「こんにちは、イ・サンヨプです。お会いできてとてもうれしいです。会いたかったです。あまりに久しぶりなので、皆さんが僕のことを忘れていないかな、と心配していました」と緊張の面持ちであいさつ。久しぶりの日本だが、前日に到着してから取材を受けたり忙しく過ごしていて、夕方に焼き肉を食べている時「日本に来たんだ!」と実感したのだとか。

 和やかにスタートしたイベントの最初のコーナーは「俳優 イ・サンヨプの軌跡!」と題し、これまでの出演作についてのトークから。「過去の作品で印象に残った作品は?」と聞かれると、「一度行ってきました」を挙げ、「最もうまくいった作品でしたし、最も自分自身をキャラクターの中に入れ込んで演技をした作品でした」と話す。さらに、「平日午後3時の恋人たち」についても、「僕自身にはできない役だと思っていたので自信がなかったんですが、相手役の方や監督を信じてうまくやることができました。今まで演じた中で、最も危険なキャラクターです」とコメント。「今週、妻が浮気します」の現場では、イ・ソンギュンら共演者ととても仲がよく、撮影が終わるといつもお酒を飲みに行っていたと、撮影当時の思い出を振り返った。

 出演作についての話が盛り上がったところで、「平日午後3時の恋人たち」の中で、イ・サンヨプが演じるジョンウが、ジウン(パク・ハソン)のほどけたスニーカーの靴ひもを結んであげるという、有名なシーンを会場のファンと共に再現する企画が実現。選ばれたファン2人が壇上に上がり、ヒロインが履いていたものと同じ黄色いスニーカーに履き替え、ほどけた靴ひもをサンヨプがひざまずいて優しく結んであげるという大サービス! 選ばれた観客も、間近で靴ひもを結んでくれるサンヨプにメロメロの様子だった。

 トークはさらに続き、やってみたい役柄を聞かれたイ・サンヨプは「死ぬまでにすべての職業をやってみたい。スポーツ選手の役をやりたいですね。運動ができない方ではないので」と明かした。現在撮影中だというドラマ「純情ボクサー」の中で、ほかの人はみんな運動しているのに、自分は腕組みをして見ているだけで、運動しない役だということで、少々不服そうな表情を見せた。オフの日は「撮影がない日はほとんどないけど、たまに1日休みがある時は寝ます。夕方に起きて後悔します(笑)。だけど僕にとっては撮影現場が一番楽しくて幸せな場所なんです」と語り、根っからの俳優気質の一面をのぞかせた。

 続いては、事前に募集したファンからの質問に答えるコーナーへ。「好きな日本のドラマは?」との問いには、「木村拓哉さんの『プライド』(フジテレビ系)が最高でした。10回は見ました。小栗旬さんも大好きです」と答え、「失敗したり、落ち込んだりした時はどのように対応しているか?」と聞かれると、「僕は考えをシンプルにしようとします。『これは僕が考えなくていいや』と思うようにすると、10個くらいあった心配事が1、2個に減っていくんです。ほかの人のために自分自身が傷つかないようにしたらいいと思う」と真摯(しんし)に回答する場面も。

 さらに、イ・サンヨプの選択が、会場の観客にアリかナシかを判断してもらう「2択選手権」では、次々と難しい選択が出題された。「前を歩く人のバッグのチャックが開いていたら…A=開いていると伝える、B=何も言わない」という問題では、Bを選択したイ・サンヨプ。その選択を支持するかどうかを観客に拍手で示してもらう趣向だが、この問題ではサンヨプの回答に多くの拍手が寄せられた。「友人がうれしそうに購入したコートを見せてきたが似合っていない。感想を求められたら…A=いいコートだねと言う、B=似合ってないと素直に言う」という問題ではAと回答し、「本人が気に入っているのであれば僕も応援します」と理由を説明すると、会場は全面的にイ・サンヨプを拍手で支持する結果に。問題がどれも難しく、頭を悩ませていた。

 ここで、突如後ろのスクリーンから映像が流れ始めると、イ・サンヨプの親しい友人たちからサプライズでお祝いメッセージが映し出された。韓国の国民的MCのユ・ジェソク、元U-KISSのイ・ジュニョン、俳優のチャン・ヒョクからそれぞれ「日本でのファンミーティングおめでとう、頑張って!」といった温かい応援コメントに、全く知らなかったサンヨプは驚きつつも「こんなふうに映像を送ってくださってとてもうれしいです。ありがたいですね」と感激しきり。友人たちの愛あふれるコメントからも、イ・サンヨプの人のよさが感じられた。芸能人との交友関係の話になると、BTSのジンとも仲がいいと明かし、「一緒にチェジュ島に行ったりもしたし、ごはんも食べに行くし、家でゲームもしたりします」と仲良しエピソードを話し、「今は軍隊にいるから、面会に行ってみたいと思う」と語った。

 そして、ここでさらなるサプライズが! 舞台の袖から誰かが近づいてくるのを見たイ・サンヨプが「うわぁ!」と驚きの声を上げた。なんとバラエティー番組「シックスセンス」で共演した女優のオ・ナラがサプライズで登場したのだ。「ヌナ(お姉さん)、どうしてここに!?」とうろたえながら聞くイ・サンヨプに、「20年ぶりに日本に遊びにきたらサンヨプがファンミーティングすると聞いて、応援に来ました!」と笑顔で答えるオ・ナラに、客席から大きな歓声が沸いた。親しげな2人に、吉原が「2人の関係は?」と聞くと、日本語で「彼女ではないです!」とセンスよく即答するオ・ナラに会場は思わず大爆笑。「サンヨプは優しいし性格もいいし、私が一番好きなところは腰が低いところ! 私が大好きでいつも頼っている弟なので、皆さんよろしくお願いします」とコメントし、本当に仲がよさそうな2人の雰囲気が伝わってきた。突然のゲストにイ・サンヨプは「驚きすぎて表情管理も忘れてしまった(笑)。思わず(感動して)泣きそうでした」と、ここでも大感激の様子だった。

 突然のゲストが去った後は、再びコーナーへ戻り、「ジェスチャー作品当てゲーム」へ。出演作のタイトルをイ・サンヨプがジェスチャーで表現し、会場のファンが当てるというもの。身振り手振りで伝える一生懸命さがかわいらしかった。続いて、箱に入っているアイテムをファンと一緒に手で触って当てる「箱の中身はなんでしょうゲーム」。選ばれてイ・サンヨプと一緒にゲームに参加できたファンにとっては幸せなひと時となった。

 ここまで数々の企画で楽しんできたイベントももう終盤。イ・サンヨプは「今日はとても楽しかったです。今年はもっと日本に来て皆さんに会いたいと思います。作品も一生懸命、撮影に臨んでたくさんの楽しみを提供したいと思います。今日は来てくれてありがとうございました」と集まったファンへあらためて感謝のメッセージを送った。

 最後はキム・ドンリュルのバラード曲「もう一度愛してると言おうか」を歌い、心地のよい柔らかな歌声を響かせた。歌う前には「アジャ!」と気合を入れるも、途中、歌詞を間違え苦笑いする場面も。歌詞に詰まると、客席に(歌って!)とマイクを向けてみたり、おちゃめなサンヨプの姿に客席からは笑いがもれた。歌い終わると、「僕が大好きで一番よく歌っていた歌ですが、ものすごく緊張してしまいました」と言い訳をしつつ、「このまま終わってしまうのは残念なのでNew Jeansの『Hype Boy』を踊りながら退場します」と言って、いきなり体をくねらせダンスを始めたイ・サンヨプ。会場は大盛り上がりで拍手を送り、イ・サンヨプはそのままダンスをしながら笑顔でステージを去っていった。観客も笑いながら見送り、約2時間の楽しいイベントは終了。帰り際には、このイベントのために作られたミニ鏡を、イ・サンヨプ本人が観客一人一人に手渡してくれるというサプライズもあり、ファンにとっては忘れられないプレゼントとなった。

haru*hana(ハルハナ)とは?

アジアエンタメ好きのためのグラビア情報誌「haru*hana」。
ドラマやK-POPはもちろん、芸能ニュースまで網羅! アジアのエンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
haru*hana・関連ムックの購入はこちら



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.